ザイロリック画像

ザイロリック

ザイロリックは体内で尿酸が作られるのを抑え、血液中の尿酸の量を低下させます。
通常、高尿酸血症や痛風の治療に用いられます。
従って、「尿酸産生過剰型」 の人に適します。尿に排出される尿酸が減少するので、尿路結石を合併している人にも向きます。古くから、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられます。


製 品 名:
Zyloric100mg
製 造 元:
aspen
薬効分類:
痛風治療薬
一 般 名:
アロプリノール
日 本 名:
ザイロリック錠
内 容 量:
100錠/1箱
ジェネリック:
アロリック
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ザイロリック の効能

痛風、高尿酸血症を伴う高血圧症

ザイロリック の用法用量

通常、成人はアロプリノールとして、1日に200~300mgを2~3回に分けて食後に経口投与する。
年齢、症状により適宜増減する。

ザイロリックを飲み忘れた場合は、気が付いた時できるだけ早く1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間が近い場合は1回飛ばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に、2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。この薬をのみはじめたとき、一時的に痛風発作(痛み)が強くなることがありますが、自分の判断で勝手に薬の量をかえたり、中止したりしないで主治医に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ザイロリック の一般的注意

  • 心臓や腎臓がわるくなければ、水分を多くとり、尿量を多くするよう心がけてください。
  • 急性痛風発作がおさまるまで、ザイロリック錠100mgの投与を開始しない。
  • 投与初期に尿酸の移動により、痛風発作の一時的な増強をみることがある。
  • ザイロリック錠100mg投与中に痛風が増悪した場合にはコルヒチン、インドメタシン等を併用すること。

ザイロリック の副作用

主な副作用として、発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アロリック(ザイロリックのジェネリック)
アロリック(ザイロリックのジェネリック)
尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。 ※ザイロリックのジェネリック薬です。
グルコファージ
グルコファージ
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
通風治療薬フェブリク錠のジェネリック薬です。
アバンディア
アバンディア
2型糖尿病の原因の一つであるインスリン抵抗性を直接改善し、内因性のインスリンの作用を高め、高血糖を是正する経口血糖降下剤です。
XANDASE(アロプリノール錠)100mg
XANDASE(アロプリノール錠)100mg
ザイロリックのジェネリック薬です。痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->