テノーミン画像

テノーミン

テノーミンは、β遮断薬(ベータブロッカー)という系統の血圧を下げる薬です。心臓にだけ選択的に作用して気管支への影響が比較的少ないという特徴があります。高血圧症のほか、狭心症や不整脈(頻脈)の治療にも用います。


製 品 名:
TENORMIN 50mg
製 造 元:
アストラゼネカ
薬効分類:
不整脈用剤
一 般 名:
アテノロール
日 本 名:
テノーミン
内 容 量:
14錠/シート
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

テノーミン の効能

本態性高血圧症(軽症~中等症) 、狭心症、頻脈性不整脈(洞性頻脈、期外収縮)

テノーミン の作用

テノーミンは高血圧の治療をはじめ、狭心症や不整脈にも効果を発揮する医薬品です。
有効成分のあてのロールが心臓にあるβ受容体を遮断することにより、心臓の拍動を抑制し血圧を下げます。
その作用秩序からβ遮断薬(ベータブロッカー)といる系統に分類されています。
この系統の特徴は心臓にだけ選択的に作用するため、気管支など他の臓器に負荷をかけることが少ないということです。また、成分が脳内に入りにくいため、中枢神経系の副作用がほとんどありません。

テノーミン の用法用量

通常、アテノロールとして50mgを1日1回経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減できるが、最高量は1日1回100mgまでとする。

【飲み忘れた場合】
気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間がせまっている  場合は、1回分とばし、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。  絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

テノーミン の副作用

だるい、めまい、ふらつき、徐脈、低血圧、手足の冷え、しびれ感、目の乾燥(目がゴロゴロ、しょぼつく)など。

テノーミン の一般的注意

  • 呼吸器の病気(喘息、気管支炎、肺気腫など)、糖尿病、腎臓や肝臓の悪い人、高齢の人などは本剤を服用する前に必ず医師に相談してください。
  • 飲み合わせの悪い薬が多数あります。併用は必ず医師にご相談ください。
  • 心電図検査及び血液検査を定期的に行ってください。
  • 服用後は危険をともなう機器操作や高所での作業は避けてください。

テノーミン の禁忌

下記条件に該当する方は本剤を使用できません。

  • 妊娠中または授乳中の方
  • 心不全
  • 喘息
  • レイノー症状
  • 低血圧
  • 重い心臓の刺激伝導障害や徐脈

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アムリプ10mg(ノルバスクのジェネリック薬)
アムリプ10mg(ノルバスクのジェネリック薬)
持続性があり安全性も高いとされているノルバスクのジェネリック薬です。
サムスカジェネリック15mg/30mg
サムスカジェネリック15mg/30mg
うっ血性心不全や肝硬変によって発生するむくみを改善する医薬品です。
ラシックス40mg
ラシックス40mg
作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。
アムロピン
アムロピン
全世界で一番利用されている降圧剤のジェネリック医薬品 ※ノルバスクのジェネリック薬です。
トラセミド(Tor)10mg
トラセミド(Tor)10mg
心不全や腎臓・肝臓が原因によって起こるむくみを改善する医薬品です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->