アロリック画像

アロリック(ザイロリックのジェネリック)

尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療にも幅広く使用されています。


製 品 名:
ALLORIC100mg
製 造 元:
T.O.PHARMA CO.,LTD
薬効分類:
痛風治療薬
一 般 名:
アロプリノール
日 本 名:
アロリック錠
内 容 量:
500錠/ボトル
先発の薬:
ザイロリック
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アロリック(ザイロリックのジェネリック)効能

通風治療薬、高尿酸血症の緩和にも用いられる医薬品でザイロリックのジェネリックです。
尿酸が原因で発症する通風が、食生活や生活習慣の変化などが原因で現代人の間で増えているといわれています。
日々の生活の中でなかなか対策を行うのが難しい症状ですが、アロリックを使用すれば尿酸値を改善し、痛みを和らげる効果が期待できるのです。

アロリック(ザイロリックのジェネリック)作用

体内で尿酸を合成するキサンチンオキシターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があります。
つまり、尿酸そのものの発生を防ぐことで通風を根本から改善できるのです。
通風治療薬としての効果はもちろん、高尿酸血症の緩和にもアロリックは役立ちます。

アロリック(ザイロリックのジェネリック)用法用量

用法は1日2~3回ほど、200~300mgを食後に服用します。
しかしこれはあくまで基本の用法で、通風・高尿酸血症の症状に合わせて適時増減することも可能です。
過剰摂取に注意しつつ通風治療薬として効果的に役立てていくことが重要となります。

アロリック(ザイロリックのジェネリック)副作用

副作用ですが、軽度なものとしては肝機能障害、消化不良、倦怠感、脱毛症などが見られます。
またごく稀なケースですが、より重度な副作用としては過敏性血管炎、紅皮症、中毒性表皮壊死といった症状も見られます。

アロリックの服用で気になる症状が見られたら無理せず用量を減らしたり、いったん中止して医師や薬剤師に相談しましょう。
この点さえ注意すれば、通風治療薬として辛い痛みなどの症状を和らげるのに役立ってくれることでしょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
コルヒチン
コルヒチン
痛風の発作を抑える薬です。そのほか、べーチェト病にも応用されます。
ジャヌビア
ジャヌビア
危険な低血糖も無く、副作用も軽いと言われている糖尿病治療薬です。
グルコファージ
グルコファージ
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルヒチンのジェネリック薬です。高尿酸血症や痛風を改善。
ベイスン錠
ベイスン錠
「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->