プレマリン0.625mg画像

プレマリン(女性ホルモン剤)

女性ホルモンの卵胞ホルモンを補う薬


製 品 名:
Premarin0.625mg
製 造 元:
Wyeth(現ファイザー)
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
結合型エストロゲン錠
日 本 名:
プレマリン錠
内 容 量:
28錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

プレマリン(女性ホルモン剤)の関連商品があります。

プレマリン(女性ホルモン剤)のジェネリックがあります。

プレマリン(女性ホルモン剤)の効能

○結合型エストロゲンの適応症
 卵巣欠落症状,卵巣機能不全症,更年期障害,腟炎(老人,小児および非特異性),機能性子宮出血

○エストリオールの適応症
 更年期障害,腟炎(老人,小児および非特異性),子宮頸管炎ならびに子宮腟部びらん,老人性骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

○エチニルエストラジオールの適応症
 閉経後の末期乳がん(男性ホルモン療法に抵抗を示す場合)/前立腺がん

○エストラジオールの適応症
 更年期障害および卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状(ホットフラッシュ,発汗)・腟萎縮症状,閉経後骨粗鬆症

プレマリン(女性ホルモン剤)の作用

プレマリンは更年期障害における症状に有効な治療薬です。
更年期障害の主な原因は閉経により女性ホルモンが極端に減少してしまうことです。
有効成分のエストロゲンは女性ホルモンの一種で、エストロゲンを摂取することにより閉経後の女性ホルモン減少を補うことができます。
プレマリンの服用はいわゆる女性ホルモン補充療法(HRT)の一環で、更年期障害特有の発汗、動悸、イライラ、不眠、頻尿、失禁などに非常に効果的です。

プレマリン(女性ホルモン剤)の用法用量

結合型エストロゲンとして、通常成人1日0.625~1.25mgを服用する。
機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625~3.75mgを服用する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

プレマリン(女性ホルモン剤)の副作用

乳房痛、乳房緊満感、発疹、吐き気、食欲不振、月経量の変化など

プレマリン(女性ホルモン剤)の禁忌

  • プレマリンの成分に対し過敏症の既往歴がある
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症、又はその既往歴がある
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある女性
  • エストロゲン依存性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(冠動脈性心疾患、脳卒中)又はその既往歴のある患者
  • 重篤な肝障害のある患者

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プロゲストゲル(女性ホルモン剤)
プロゲストゲル(女性ホルモン剤)
プロゲステロン(黄体ホルモン剤)
※ゲル外用薬
チョコレートラブDX
チョコレートラブDX
男女兼用の媚薬!濃密で濃厚な幸福感を味わうことができます。
サイトタム(Cytotam)
サイトタム(Cytotam)
乳ガン治療薬ノルバデックスのジェネリック薬です。薬価も低めで、多くの人が利用しています。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->