レルパックス40mg画像

レルパックス

偏頭痛が発生したときに所定の量を服用することによって、一時的に症状を和らげることができるお薬です。


製 品 名:
Relpax40mg
製 造 元:
ファイザー
薬効分類:
偏頭痛の薬
一 般 名:
エレトリプタン臭化水素酸塩
日 本 名:
レルパックス錠
内 容 量:
2錠/箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
レルパックス 2箱(4錠) [タイ発送] ¥4,200カートに入れる
レルパックス 4箱(8錠) [タイ発送] ¥6,800カートに入れる
レルパックス 6箱(12錠) [タイ発送] ¥9,400カートに入れる

レルパックスの効能・特徴

近年、偏頭痛持ちの人が増加しています。
レルパックスはそんな辛い偏頭痛の症状を一時的に和らげてくれるお薬です。

偏頭痛の原因はあまり詳しく解明されていないものの、ストレスや脳の微細な血管とのかかわりが指摘されています。
レルパックスは拡張した頭蓋内外の血管を収縮する作用で偏頭痛の症状を治めてくれます。

レルパックスは十分に安全性が確保されているため、安心して服用することが出来る偏頭痛薬です。

レルパックスの成分

レルパックスの有効成分はエレトリプタン40mgです。

レルパックスの用法用量

レルパックスは通常、成人1回半錠(20mg)を偏頭痛が起きたときに服用します。予防としての服用は行いません。
それでも痛みが引かない場合は、服用から2時間以上の間隔をあけてもう半錠(20mg)追加服用する事ができます。
レルパックスを半錠にする場合は、ピルカッターを使うと便利です。

また、1回半錠(20mg)で効き目が悪かった場合には次回の偏頭痛発現時から1回1錠(40mg)に増量することができますが、レルパックスの1日の総服用量は1錠(40mg)までですのでご注意下さい。

痛みに対して効果がない場合は、次回より頭痛発作に対してレルパックスの服用を行ってはいけません。
起きている痛みが偏頭痛以外の要因も考えられますので、必ず再度医師に診察してもらい、頭痛の原因について確定診断をしてもらいましょう。

レルパックスの副作用

レルパックスの副作用が出る確率はとても低いとされていますが、副作用がないわけではありません。

飲み始めは特に、胸やノドの圧迫感、肩こり、体の痛みやふらつき等があらわれることがあります。これらは多くの場合一過性で心配いりませんが、違和感や異常を感じた場合は必ず医師にご相談下さい。

レルパックスの注意事項

持病やアレルギーのある方はレルパックスを服用する前に必ず医師にご相談下さい。
また、飲み合わせに注意する薬もありますので、注意が必要です。
レルパックスの服用の間隔は必ず2時間以上あけるようにします。

⇒ その他の鎮痛・消炎剤はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
レルパックス 2箱(4錠) [タイ発送] ¥4,200カートに入れる
レルパックス 4箱(8錠) [タイ発送] ¥6,800カートに入れる
レルパックス 6箱(12錠) [タイ発送] ¥9,400カートに入れる
close
限定SALE