プレガリカ画像

プレガリカ

プレガリカはリリカと呼ばれる薬のジェネリックです。
神経障害性の疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の緩和に効果が期待できるとされています。


製 品 名:
Pregarica
製 造 元:
Healing Pharma
薬効分類:
鎮痛薬(その他)
一 般 名:
プレガバリン 150mg
日 本 名:
プレガリカ
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

プレガリカの先発の薬があります。

プレガリカの特徴

プレガリカ150mgはリリカと呼ばれる薬のジェネリックです。
効果・特徴としては以下のような点が挙げられます。まずは有効成分としてプレガリカを含んでいると言う点です。
そしてこの成分は神経障害性の疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の緩和に効果が期待できるとされています。これはプレガリカには過剰の興奮した神経から、同じように過剰に発せられる痛みの信号を抑制する作用があるためです。
ちなみに過剰に神経が興奮する理由としては、神経自身が傷ついたり、圧迫したりしていることが挙げられます。こうしたことを原因とする痛みと言うのは外側からではなかなかわかりにくい一方で、痛みが酷いと日々の活動に支障が出てきたり、睡眠などに影響が出てくる恐れもあります。ですからその状態を改善するために、プレガリカ150mgは非常に役立つと考えられます。

プレガリカの成分

プレガバリン 150mg

プレガリカの用法用量

プレガリカ150mgの用法用量ですが、これは神経障害性による疼痛の場合には、成人の場合で1日1カプセルを2回にわけて経口投与をすると言うのが基本です。
1週間をかけて1日2カプセルに増やしていきますが、1日の限度量は4カプセルと定められており、これも1日2回にわけるのが厳守です。
線維筋痛症に伴う疼痛の場合、1日1カプセルを2回にわけるのを基本として、その後、1週間かけて2カプセルまで増やすと言うのは同様です。
しかしその後は2~3カプセルを維持すると言うのが基本となっています。またこちらの場合は1日の最大容量は3カプセルまでと決められており、いずれの場合も1日2回にわけることが厳守となっています。
年齢や症状の強さなどに応じカプセルの数は変わってきますが、決して定められているカプセル数は超えないこと、そして1日2回にわけずに飲むと言うのはやってはいけないことなので注意が必要です。

プレガリカの副作用

また神経の興奮を抑制する作用があるため、服薬後は自動車の運転などの集中力を要求される行為は避けると言うのも注意点です。
このような点から現状、挙げられている副作用としては服薬後の頭痛や下痢、めまい、傾眠、疲労感や異常感などが挙げられます。
また精神的に理由のない不安感を強く抱く場合もあります。特に頭痛やめまい、傾眠などは転倒等のアクシデント発生リスクを高める要因でもあるので要注意です。
更に視覚に対する異常やアナフィラキシーショックなどが出てくるリスクも指摘されています。

プレガリカの注意事項

服用にあたっては医師の指示をあおぐことが重要です。
また服用後、もし異変が見られた場合はそれ以降の服用は中断し、速やかに医療機関を受診することが求められます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ボルタレン 25mg/100mg
ボルタレン 25mg/100mg
鎮痛、肩関節周囲炎など、各種の痛みを抑える薬です。
カウンターペインクールジェル
カウンターペインクールジェル
筋肉痛・筋肉のハリ・打撲などの痛みに、冷却・鎮痛・消炎効果で、血行を良くし痛みを取ります。
ナプロキセン
ナプロキセン
解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
メチコバール錠
メチコバール錠
夜尿や多汗を改善や胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。
ポンスタン
ポンスタン
解熱効果が高く、のどの痛みを伴う風邪にも使われます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->