Myonal ミオナール 50mg画像

ミオナール 50mg

ミオナールは、肩こり・五十肩、腰痛、手足のこわばり、緊張型頭痛などの治療薬です。筋肉の血流を改善し、 筋肉を緊張させている神経をしずめる作用があります。


製 品 名:
Myonal 50mg
製 造 元:
エーザイ
薬効分類:
筋緊張改善薬(肩こりの薬)
一 般 名:
エペリゾン塩酸塩
日 本 名:
ミオナール錠
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ミオナール 50mgのジェネリックがあります。

ミオナール 50mgの関連の薬があります。

ミオナールの効能

【筋緊張状態の改善】
頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(肩こり)、腰痛症

【痙性麻痺】
脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、
外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、
脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患

ミオナールの作用

ミオナールは緊張した筋肉を緩めて、筋肉の血行を改善し痛みを和らげます。
同じ筋緊張改善剤のなかでもミオナールの効き目は緩やかで副作用が少ないことから幅広い診療科で使用されています。

ミオナールの用法用量

通常成人には、1日量として3錠(エペリゾン塩酸塩として150mg)を3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

ミオナールの一般的注意

本剤投与中に脱力感、ふらつき、眠気等が発現することがあるので、その場合には減量又は休薬すること。
なお、本剤投与中の患者には自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事させないように注意すること。

ミオナールの主な副作用

脱力感、ふらつき、眠気 など

発症の可能性はほぼありませんが、重い副作用があります。
念のため初期症状にご注意ください。

・アナフィラキシーショック症状…気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
・重い皮膚症状…高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
テナックス
テナックス
テナックス(日本名チルコチル錠)は、関節炎の炎症をしずめて、腫れや痛みをおさえる鎮痛剤です。
JAPROLOX(ロキソニン)
JAPROLOX(ロキソニン)
鎮痛、肩関節周囲炎など、各種の痛みを抑える薬です。
カフェルゴット
カフェルゴット
カフェルゴットは、古くからある片頭痛の頓服薬で、発作の初期段階での効果が高いのが特徴です。
ナプロキセン
ナプロキセン
解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
ボルタレンエマルジェル
ボルタレンエマルジェル
ジクロフェナクを、新たに経皮吸収型製剤として開発した塗る鎮痛薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->