JAPROLOX(ロキソニン)画像

JAPROLOX(ロキソニン)

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛の鎮痛と消炎などの痛みや解熱に効果があります。
出荷時点、パッケージの改訂により、上の写真とは外観・錠剤の色が異なることがあります。


製 品 名:
JAPROLOX 60mg
製 造 元:
第一三共Daiichi-Sankyo(第一三共)
薬効分類:
鎮痛薬(プロピオン酸系)
一 般 名:
ロキソプロフェンナトリウム水和物
日 本 名:
ロキソニン錠、ジャプロックス
内 容 量:
20錠(2シート) / 箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

JAPROLOX(ロキソニン)の効能

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛の鎮痛と消炎

JAPROLOX(ロキソニン)の特徴

ロキソニンは「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」の一種で、炎症を沈め熱や痛みを緩和します。
本剤は熱や痛みの原因そのものには効果はありません。
薬理としては有効成分の ロキソプロフェンナトリウムが炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質の合成を抑制することによって、熱や痛みを感じないよう作用します。
ロキソニンは非ステロイド抗炎症薬(NSAID)のなかでも 副作用が少なく安全性が高いことが特徴 です。
効き目も良くいろいろな痛みに効果があるので幅広く使用されています。

JAPROLOX(ロキソニン)の用法用量

通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mg、1日3回経口投与する。 頓用の場合は、1回60~120mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
※急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いる場合
通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として)1回60mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし原則として1日2回までとし1日最大180mgを限度とする。また、空腹時の投与は避ける。

JAPROLOX(ロキソニン)の主な副作用

消化器症状(胃・腹部不快感、胃痛、悪心・嘔吐、食欲不振等)、
浮腫・むくみ、発疹・蕁麻疹等、眠気等

JAPROLOX(ロキソニン)の一般的注意

下記の条件に該当する方は本剤を使用しないでください。

  • 肝臓・心臓・腎臓に疾患がある
  • 脳血管障害(脳卒中など)
  • 本人または両親・兄弟に痛風や糖尿病のある人
  • 下痢、嘔吐のある人
  • 副甲状腺に病気のある人
  • 以前にロキソニン錠を使って発疹などが出たことがある、尿が出ない、塩分制限をしているなど

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リリカ(プレガバリン)
リリカ(プレガバリン)
帯状疱疹後神経痛や糖尿病性末梢神経障害、線維筋痛症状などの症状を緩和 させます。
アスピリン
アスピリン
胃腸内での溶解・吸収がすみやかで、効果が早く発現します。
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセル
ボルタレンの徐放剤。持続性が特徴です。
ナプロキセン
ナプロキセン
解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。 効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)
トラマタス(トラマドールのジェネリック薬)
夜尿や多汗を改善や胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->