イミグラン50mg画像

イミグラン

偏頭痛(片頭痛)の痛みに効果を発揮してくれる医薬品です。


製 品 名:
IMIGRAN50mg
製 造 元:
グラクソ・スミスクライン㈱
薬効分類:
偏頭痛の薬
一 般 名:
スマトリプタンコハク酸塩
日 本 名:
イミグラン錠
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

イミグランの効能

偏頭痛の痛みに効果を発揮してくれる医薬品です。
現代社会では偏頭痛の悩みを抱えている人が多く、しかもはっきりとした原因もわからず対処のしようがないケースも少なくありません。

イミグランならそんな厄介な偏頭痛の痛みを効果的に改善していくことができます。

イミグランの特徴

中枢神経に働きかけて痛みを和らげる効果があること、また脳の血管を収縮させる効果もあります。
偏頭痛は脳の血管が急激に拡張するのも大きな原因の一つ。
急にズキズキと痛むケースが該当します。
血管を収縮し、そこに生じた炎症を和らげて偏頭痛の痛みを改善できるのです。
そのため、急に痛みが現れた場合の服用に適しています。

ただ、この点からもわかるようにイミグランには血管を収縮させる作用があり、狭心症や心筋梗塞をはじめとした血管・循環器系に疾患を抱えている人の服用には適していません。
狭心症や抹消血管障害、高血圧、重度の肝臓病を抱えている人は注意しましょう。
また、エルゴタミン製剤をはじめとした他の薬剤を服用している場合、副作用が強く現れるケースがあるので医師に相談したうえでの服用が求められます。

イミグランの用法用量

用法は、偏頭痛の痛みが出た場合にできるだけ早く飲むこと。
成人にはスマトリプタンとして1回50mgを服用します。
偏頭痛の痛みが発生してから10分以内に服用するのが鍵といわれます。

基本的には予防には効果が期待できないため、いざ偏頭痛の痛みが現れた時の備えてとして、イミグランを用意しておくとよさそうです。
効果が不十分の時に追加服用することもできますが前回の投与から2時間以上あけてください。ただし、1日の総投与量を200mg以内とします。

イミグランの副作用

主な副作用には、めまい、動悸、吐き気、倦怠感、体の痛みなどがあります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
テナックス
テナックス
テナックス(日本名チルコチル錠)は、関節炎の炎症をしずめて、腫れや痛みをおさえる鎮痛剤です。
GEミオナール錠50mg
GEミオナール錠50mg
ミオナール錠のジェネリック医薬品です。肩こりや五十肩の痛みを抑える効果があります。
ナプロキセン
ナプロキセン
解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、さまざまな痛みに広く用いられます。効き目が早いのが特徴で、痛風発作時の頓服薬として有用です。
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセル
ボルタレンの徐放剤。持続性が特徴です。
インスタントペインリリーフ(歯痛の薬)
インスタントペインリリーフ(歯痛の薬)
歯痛や歯茎の痛み、口内炎、歯列矯正用ブリッジ、軽度の歯科処置、入れ歯による痛みの一時的な解消用。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->