バルパリン200mg画像
今だけ!新商品5%OFF

バルパリン200mg

バルパリン200mgは、てんかんや双極性障害の薬として用いられるデパケンのジェネリック医薬品です。
バルパリン200mgには、バルプロ酸ナトリウムが豊富に含まれているのです。


製 品 名:
Valparin-200
製 造 元:
Sanofi-Synthelabo (India) Pvt Ltd
薬効分類:
抗てんかん薬
一 般 名:
バルプロ酸ナトリウム
日 本 名:
バルパリン
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
バルパリン200mg 1箱(100錠) [SG発送] ¥3,200¥3,040カートに入れる
バルパリン200mg 2箱(200錠) [SG発送] ¥4,800¥4,560カートに入れる

バルパリン200mgの先発の薬があります。

バルパリン200mgの特徴

バルパリン200mgの効果・特徴としては、てんかんや双極性障害の薬として用いられる事が多く、そもそもてんかんの症状は、脳内の神経細胞に過剰に電気的な変化が生じる事により引き起こされます。
その結果、脳の働きが異常になってしまい様々なてんかんの症状が起きてしまうのです。

具体的なてんかんの症状としてはけいれんや手足が動かないといった運動機能障害、目が見えなくなるといった感覚障害や感情がコントロール出来なくなるといった精神症状等様々だったりします。
双極性障害は、短時間の内に躁状態と鬱状態を繰り返す症状です。
躁状態の場合には気持ちが異常なまでに高ぶって活動的になったり、明るく開放的になったりします。
その一方でこの状態が悪化するとイライラしたり、短気になってトラブルを起こす恐れもあるので厄介です。
双極性障害の鬱状態では、破壊的な衝動を持つ傾向が高かったりします。
特に躁状態へと切り替わる過程で、自殺する傾向があるので注意が必要です。

こういったてんかんや双極性障害は、脳内のバランスが崩れて興奮状態に陥ってしまった場合に発症するケースが多かったりします。
バルパリン200mgには、バルプロ酸ナトリウムが豊富に含まれているのです。
このバルプロ酸ナトリウムは、神経伝達物質の1つであるGABA作り出すという性質を持っています。
GABAにはストレスを抑制して興奮した神経を落ち着かせる働きがあるのでバルパリン200mgを服用する事で脳内の興奮を抑えて、てんかんや双極性障害といった症状の改善効果が期待可能です。
そんなバルパリン200mgですが、先発薬であるデパケンのジェネリック医薬品の1つとなっています。
ジェネリック医薬品であるため、先発薬の様に研究費や開発費が膨大に掛かってはいません。
お陰でデパケンよりもかなり安い価格に入手出来る上に、主要成分は変わらないので同様の効果・特徴を持っているのです。
ただし脳内に働き掛ける様な薬であるため、用法用量をきちんと守って服用する必要があります。

バルパリン200mgの成分

バルプロ酸ナトリウム 200mg

バルパリン200mgの用法用量

成人は1日に10から15mg/kgを服用して、徐々に増量して行くのは基本です。
1日20から30mg/kgが一般的な範囲と言えますが、効果が得られない場合は更に増量します。
もっとも1日の服用量が50mg/kgを超える場合は、医師にご相談下さい。

バルパリン200mgの副作用

具体的な副作用としては目まいに貧血、嘔吐に食欲不振等様々あるので注意が必要です。

バルパリン200mg の注意事項

※連用中における服用中止により、てんかん重積状態が現れる事があるので、服用を中止する場合には、徐々に減量するなど十分ご注意下さい。
※高齢者、虚弱者の場合は特に注意してください。
※眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こる事があるので、服用中は自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないでください。

⇒ その他のこころ・脳機能の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->