トリプタ25mg画像

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)

第一世代の三環系抗うつ薬です。


製 品 名:
TRIPTA25mg
製 造 元:
atlantic Laboratories Corp.,LTD.
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
アミトリプチリン
日 本 名:
トリプタ、トリプタノール錠
内 容 量:
1000錠/ボトル
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)の関連の薬があります。

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)効能

うつ病(鬱病)、うつ状態(鬱状態)、遺尿症。

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)特徴

古くからある第一世代の三環系抗うつ薬です。
作用が強く、よい効果が期待できる反面、口渇、便秘等の副作用が出やすい欠点があります。
また、効果を感じるまで少し時間がかかります。
アミトリプチリンは、うつ病に限らず、頭痛や神経痛など他の病気に使われることも多いです。
トリプタは日本のトリプタノール錠と同成分になります。

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)作用

三環系抗うつ薬は、遊離モノミアミンの神経細胞内への取込を阻害し、神経シナプス部にモノミアミンを貯えて、受容体への持続的刺激を保つことにより、うつ状態を治すと考えられています。
三環系抗うつ薬の中でクロミプラミンは遺尿症にも使われます。

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)用法用量

トリプタノール錠と同様、うつ病・うつ状態には、アミトリプチリン塩酸塩として、
通常成人1日30~75mgを初期用量とし、1日150mgまで漸増し、分割経口服用する。
300mgまで増量することがあります。
夜尿症には、アミトリプチリン塩酸塩として、1日10~30mgを就寝前に経口服用する。
なお、年齢、症状により適宜減量する。

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)主な副作用

  • 眠気、かすみ目、口渇、便秘、排尿困難、ふらつき、食欲減退、頭痛など
  • 遺尿症での副作用・・・食欲不振、早朝覚醒、口渇など

トリプタ(トリプタノール錠と同成分)一般的注意

トリプタノール錠、トリプタは緑内障のある人の服用は禁止されています。
眼圧が上昇し、病状が悪化するおそれがあるためです。
前立腺肥大症や心臓病、てんかん、低血圧のある人も、病状の悪化に注意するなど慎重に用いるようにします。また、高齢の人は副作用がでやすいので、少量から開始するなど服用量に十分注意します。

若い人に用いる場合は、症状によっては処方を控えなければなりません。
トリプタノール錠、トリプタを含む複数の抗うつ薬の臨床試験を分析したところ、24歳以下ではかえって悪い衝動を引き起こすおそれがあるとの報告があるためです。
また、躁うつ病においても逆効果になることがありますので、一般的なうつ病との見極めが重要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ミルネース50mg
ミルネース50mg
うつ病、うつ状態に対して用いられる医薬品です。この薬の効果・特徴としてはSNRIという、比較的新しいものに分類される薬となります。
バスピン5mg/10mg
バスピン5mg/10mg
抗不安薬バスパーと同成分!うつ症状や不安感の改善に!※画像は10mgです
カフェインパワー200mg
カフェインパワー200mg
覚醒作用・脂肪燃焼作用があるカフェインを200mg含有!アッパー系の中でも非常に強力なサプリです。
シンバルタ(サインバルタ)
シンバルタ(サインバルタ)
【成分】 Duloxetine HCI (デュロキセチン)
ベンラー XR(ベンラファキシン)
ベンラー XR(ベンラファキシン)
うつ病、抑うつ状態、全般性不安障害、対人恐怖症の治療に。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->