ストラテラ画像

ストラテラ

ストラテラは日本でも処方されている注意欠如・多動性障害(ADHD)治療薬です。注意力を高め、落ち着きをとり戻せます。


製 品 名:
Strattera
製 造 元:
Lilly Made in Puerto Rico
薬効分類:
ADHD(注意欠陥 多動性障害)
一 般 名:
アトモキセチン塩酸塩
日 本 名:
ストラテラ
内 容 量:
28錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ストラテラ10mg 1箱(28錠) [香港発送] ¥7,600カートに入れる
ストラテラ18mg 1箱(28錠) [SG発送] ¥7,800カートに入れる
ストラテラ25mg 1箱(28錠) [香港発送] ¥8,000カートに入れる
ストラテラ40mg 1箱(28錠) [香港発送] ¥8,300カートに入れる
ストラテラ60mg 1箱(28錠) [香港発送] ¥8,500カートに入れる

ストラテラのジェネリックがあります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
日本で一番処方されているSSRIのパキシルのジェネリック
\3,500
ジプレキサ 5mg/10mg
ジプレキサ 5mg/10mg
【成分】 olanzapine (オランザピン)
\16,800
エフェクソール XR 75mg/150mg
エフェクソール XR 75mg/150mg
【成分】 Vanlafaxine (ベンラファキシン)
SNRI抗うつ薬。うつ病・うつ状態の症状を治療する働きがあります。
\4,900
オキセチン(プロザックジェネリック)20mg
オキセチン(プロザックジェネリック)20mg
プロザックのジェネリック薬品です。新世代抗うつ剤として精神的不安定な状態を全般的に改善する効能が有ります。
\3,010
ラミタックス(ロゼレムジェネリック)
ラミタックス(ロゼレムジェネリック)
「ロゼレム」のジェネリックで身体を睡眠に適した状態に移行させ、自然な眠りをもたらします。
\5,300

ラミタックス(ロゼレムジェネリック)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

ストラテラの効能・特徴

ストラテラは注意欠如・多動性障害(ADHD)治療薬です。日本ではメチルフェニデート(コンサータ)に続いて2番目に承認されました。乱用のリスクが低く、副作用が少ないという特徴があります。
有効成分であるアトモキセチン塩酸塩が、注意力を高め、落ち着きをとり戻してくれます。

アトモキセチン塩酸塩は「選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」に分類されています。 脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンの再取り込みを阻止することにより、ノルアドレナリンを増加させ、集中力や注意力を高めてくれるとされています。

国内外の臨床試験の結果によると、プラセボよりも症状が軽くなることが証明されています。

注意欠如・多動性障害(ADHD)は脳が原因の発達障害です。子供に多くみられますが、半数くらいは成人になってもなお症状が持続します。
集中力や注意力の欠如、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)が顕著にあらわれるため、集団生活でうまく生活することができずにトラブルを招いてしまう事も多くあるようです。
認識されにくい病気ではありますが、適切な治療を行うことによって症状を緩和し、トラブルを軽減することも可能です。

ストラテラの成分

Atomoxetine(アトモキセチン塩酸塩) 10mg/18mg/25mg/40mg/60mg

ストラテラの用法用量

●18歳未満の場合
服用量は1日2回にわけて、たっぷりのお水で服用してください。
まずは体重1kgあたり0.5mg(1日)より開始し、その後体重1kgあたり0.8mg(1日)とし、さらに体重1kgあたり1.2mg(1日)まで増量します。
その後、1.2mg~1.8mg(1日)で維持します。
増量する際は1週間以上の間隔をあけて行います。
症状により服用量は適宜増減しますが、1日量は体重1kgあたり1.8mg又は120mgのいずれか少ない量を超えないようにします。

●18歳以上の場合
服用量は1日1回または2回にわけて、たっぷりのお水で服用してください。
まずは40mg(1日)より開始し、その後80mg(1日)とし、その後、80mg~120mg(1日)で維持します。
80mg(1日)までの増量は1週間以上、その後の増量は2週間以上の間隔をあけて行います。
症状により服用量は適宜増減しますが、1日量は120mgを超えないようにします。

ストラテラの副作用

ストラテラはリスクの少ない薬とされていますが、副作用として食欲不振や吐き気などの胃腸症状などが報告されています。
まれに、疲労感、めまい、睡眠障害、性機能障害などもあらわれることがあります。
また、極めて稀な重い副作用として肝障害が報告されています。初期症状には注意が必要です。

ストラテラの注意事項

6歳未満のお子様、重い心臓病や閉塞隅角緑内障の方は使用することができません。
また、ストラテラには併用禁忌薬があります。そのため持病のある方、現在通院中の方、その他の薬を服用中の方、妊娠・授乳中の方は使用前に医師に必ずご相談ください。
副作用としてめまいが確認されていますので、服用中の車の運転などは避けてください。
刺激性のある薬ですので、カプセルの内容物が体に付着した際はすぐに水で洗い流してください。また、カプセルは開けずにそのまま服用してください。
国内で処方される場合は、事前に心拍数と血圧の測定が行われます。また、飲み始めてからも、定期的に測定をおこなう必要があります。

⇒ その他のこころ・脳機能の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->