コルヒチン画像

コルヒチン

痛風の発作をおさえるお薬です。そのほか、ベーチェト病にも応用されます。
コルヒチンは、イヌサフランという植物の種子の成分です。古くから痛風の特効薬として使われてきましたが、最近は他の鎮痛薬を用いることが多く、処方される頻度は少なくなっています。


製 品 名:
COLCHICINE 0.6mg
製 造 元:
OLIC Limited
薬効分類:
痛風治療薬
一 般 名:
コルヒチン
日 本 名:
コルヒチン錠
内 容 量:
100錠/200錠
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
コルヒチン 0.6mg (100錠) ¥5,500カートに入れる
コルヒチン 0.6mg (200錠) ¥9,900カートに入れる
この商品を買った人はこんな商品も買っています
アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)
アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)
フェブキソスタットを主成分とするフェブリクのジェネリック医薬品で高尿酸血症に効果があります。
\7,200
リピトール
リピトール
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤です。
\14,800
ザイロリック
ザイロリック
尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。
\4,800\4,560
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
通風治療薬フェブリク錠のジェネリック薬です。
\4,570
グルコファージ
グルコファージ
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
\5,000

コルヒチン の効能

痛風発作の緩解及び予防

コルヒチン の服用方法

1日3~4mgを6~8回に分割経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
発病予防には通常、成人はコルヒチンとして1日0.5~1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口服用する。
[参考] 痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果的である。

コルヒチン の成分

Colchicine 0.6mg(コルヒチン)

コルヒチン の禁忌

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

コルヒチン の基本的注意

・痛風発作の治療には1回0.5mgを投与し,疼痛発作が緩解するまで3~4時間ごとに投与し、1日量は3~4mgを限度とすること
・長期間にわたる予防的投与は有用性が少なくすすめられない。
・発作3~4時間前に先行する予兆を感知したらできるだけ早く服用することが望ましい

コルヒチン の副作用

下痢、悪心・嘔吐、腹痛、腹部疝痛 など

⇒ その他の生活習慣病の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->