アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)画像

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)

フェブキソスタットを主成分とするフェブリクのジェネリック医薬品です。
痛風、高尿酸血症、がん化学療法に伴う高尿酸血症に効果があります。


製 品 名:
Adenuric 80mg
製 造 元:
Menarini-Von Heyden GmbH
薬効部類:
痛風治療薬
一 般 名:
フェブキソスタット
日本名:
アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)
内 容 量:
28錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の関連商品があります。

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の特徴

アデヌリック80mgはフェブキソスタットを主成分とするフェブリクのジェネリック商品です。

痛風、高尿酸血症、がん化学療法に伴う高尿酸血症に効果があります。
主成分フェブキソスタットはプリン体から尿酸をつくりだす酵素キサンチンオキシダーゼの働きを阻害し尿酸の生成を抑制します。
尿酸の生成が抑制されることにより血中の尿酸が減少し関節(足指の関節、足首、ひざ、ひじ、手の関節など)などで起こる尿酸の結晶化を抑えます。

高尿酸血症や痛風の原因の一つとして、肥満や生活習慣病があげられます。
生活習慣の見直し、食生活の改善なども予防として取り入れることをオススメします。

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の成分

フェブキソスタット 80mg

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の用法用量

痛風、高尿酸血症は
成人は1日1回、フェブキソスタット10mgを経口投与し、その後の血中尿酸値を観察し、必要があればフェブキソスタットを少しずつ増やしていきます。
維持量は通常1日1回40mg(0.5錠)で、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60mg(0.75錠)とする。

がん化学療法は
フェブキソスタット60mgを1日1回、経口投与が用法用量となります。

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の副作用

関節痛、肝機能障害、過敏症など。
肝機能検査値異常、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ - GTO増加などの症状が現れることがあります。
また、身体に異常を感じた際は医師の診察を受けてください。

アデヌリック80mg(フェブリクジェネリック)の注意事項

必ず用法用量を守って服用してください。
飲み忘れた場合は直ちに服用してください。
ただし、次の服用時間との間隔が近い場合は服用はしないで下さい。(2回分を1度に服用しないでください。)
心臓や腎臓に問題がない場合は1日2リットル程度の水分摂取を心がけてください。

以下の方は本薬品を摂取しないでください。
以前にこの薬の成分によって過敏症が現れた方
ルカプトプリン水和薬、アザチオプリンを投与している方

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ダオニール
ダオニール
スルフォニル尿素系糖尿病治療薬です。インスリンの分泌を増やすことで血糖値を降下させます。
グルコファージ
グルコファージ
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルヒチンのジェネリック薬です。高尿酸血症や痛風を改善。
ベイスン錠
ベイスン錠
「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
アマリール
アマリール
インスリン分泌促進作用は比較的おだやかで、低血糖症のリスクが少ないと期待される糖尿病治療用薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->