Sibutramine 15mg画像

Sibutramine 15mg

Sibutramineは、食欲抑制剤リダクティルのジェネリック医薬品です。
効果のメカニズム
セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することにより食欲を減退させます。また他の肥満治療薬より PPH(原発性肺高血圧)のリスクが少ない事でも注目を集めています。


製 品 名:
sibutramine
製 造 元:
UK Ohama Lab.
薬効分類:
食欲抑制剤
一 般 名:
塩酸シブトラミン
内 容 量:
 10カプセル/シート
(100カプセル以外はシート発送)
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
Sibutramine 1シート 10カプセル 取り扱い終了
Sibutramine 3シート 30カプセル 取り扱い終了
Sibutramine 6シート 60カプセル 取り扱い終了

Sibutramine(食欲抑制剤)の特徴

SibutramineはSNRIという区分の薬で1990年代に抗うつ剤として開発されました。
しかし実際に患者に使用した際、抗うつ作用は明らかに実証されませんでしたが、体重に減少がみられました。
この結果を元に1997年にアメリカで肥満患者の治療薬としてSibutramineの使用が始まり1999年~2001年にかけてはヨーロッパでもSibutramineの使用が始まりました。
Sibutramineは簡単に言うと脳内の食欲をコントロールする場所に直接働きかけ、食べたいという衝動を抑えてくれます。
食事中や食事前は脳内のドーパミンという物質の濃度が高く、食後はセロトニンという物質の濃度が上がることが知られています。
このセロトニンという物質の濃度が上がることで人間は満腹感を感じるわけです。
つまりセロトニンの濃度を高くすれば空腹感を抑える事ができるのです。
Sibutramineは脳内のセロトニンの再取り込みを阻害することで結果的に脳内のセロトニンの濃度を上昇させ空腹感を感じさせない薬です。
Sibutramineのこれまでの海外での臨床治験によると約6ヶ月間使用した場合、10mgの場合だと約5.5%体重の減少。15mgで約7%の体重減少が結果としてでております。

Sibutramine(食欲抑制剤)の効能

食欲抑制

Sibutramine(食欲抑制剤)の用法用量

午前中に1回1錠Sibutramine15mgを服用する。食前の服用が好ましい。

Sibutramine(食欲抑制剤)の副作用

副作用としては、口渇、頭痛、便秘、不眠等が報告されているが、その大部分は軽度で短期間に消失する。
一部の患者で心拍・血圧の上昇が見られるとの見解もある為血圧のコントロールがされていない高血圧患者や脳卒中、心疾患などの病歴を有する方の使用は勧められません。
※妊娠中の方、授乳中の方はSibutramineを服用しないで下さい。

Sibutramine(食欲抑制剤)の一般的注意

⇒ その他の食欲抑制剤・ダイエット薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
Sibutramine 1シート 10カプセル 取り扱い終了
Sibutramine 3シート 30カプセル 取り扱い終了
Sibutramine 6シート 60カプセル 取り扱い終了

会員のお客様

マイページ(ログイン)
カート金額
---- 円
保有ポイント
ログインで表示
現在の会員ランク
ログインで表示
無料会員登録でランクが上がるほどお得にお買いものができます
買い物カゴを見る
まだ会員でない方
会員登録で500ポイントプレゼント
新規会員登録