Premarin プレマリン 0.3mg画像

プレマリン 0.3mg

プレマリン0.3mgは女性ホルモンの“卵胞ホルモン”を補う医薬品で、おもに更年期障害の治療に用います。プレマリン0.3mgは成分量が小分けにされており、分量の調整がしやすい商品です。0.625mg単位での使用に限る場合はプレマリン0.625mgが便利です。


製 品 名:
Premarin0.3mg
製 造 元:
Wyeth(現ファイザー)
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
結合型エストロゲン錠
日 本 名:
プレマリン錠
内 容 量:
28錠 / シート
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

プレマリン 0.3mgの関連商品があります。

プレマリン 0.3mgのジェネリックがあります。

プレマリンの効能

ホルモン製剤の一種で卵胞ホルモンを補うことで女性特有のさまざま問題を改善できる医薬品です。
卵胞ホルモンが減少すると月経異常や更年期障害、不妊症、子宮発育不全、子宮出血などの問題が生じる他、50代を過ぎる頃から老人性骨粗しょう症の問題も生じます。

プレマリンは卵胞ホルモンを補う効果によって、こうした問題を改善することができるのです。
通常では更年期障害、膣炎、機能性子宮出血、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症などの治療に用いられています。

プレマリン の作用

通常1日2~4錠(0.625~1.25mg)程度。
ただし、機能性子宮出血と膣炎の治療に用いる場合は服用量が多くなります。

機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日2~12錠(0.625~3.75mg)を服用する。
このあたりは症状や年齢によって異なってくるため、指示に従って服用していくことが重要になります。
注意点としては1回分の用量をよく守ること。
飲み忘れてしまったからといって2回分をまとめて飲むのは厳禁です。

プレマリンの副作用

の副作用には、どのようなものがあるのでしょうか。
代表的なところでは、食欲不振、吐き気、嘔吐、むくみ、乳房の痛み、不正出血、脱毛、めまい、発疹、血管浮腫などです。
なお、副作用ではありませんが、服用中の喫煙は血栓症のリスクを高めるので避けましょう。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
クリマラ(女性ホルモン剤)
クリマラ(女性ホルモン剤)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※外用薬
スピロノラクトン100mg
スピロノラクトン100mg
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)です。高血圧症や 男性の抜け毛対策などに用いられます。
アナポロン50mg(アナドロールと同成分)
アナポロン50mg(アナドロールと同成分)
最強の経口ステロイドであると言われたアナドロールと同成分の筋肉増強剤。貧血の薬や、HIV患者の体力維持にも。
マレフェMTF10mg
マレフェMTF10mg
マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックです。 男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあります。
サイノメル(チラージンと同成分)
サイノメル(チラージンと同成分)
リオチロニン ナトリウム 甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)です
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->