フェマラ2.5mg画像

フェマラ2.5mg

ホルモン剤の一つで、女性ホルモンのエストロゲンをつくるアロマターゼを阻害する働きがあります。


製 品 名:
Femara 2.5mg
製 造 元:
Novartis pharma
薬効分類:
抗ホルモン剤
一 般 名:
レトロゾール
内 容 量:
30錠 / 1箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
フェマラ2.5mg 1箱(30錠)[香港発送] ¥31,200カートに入れる
この商品を買った人はこんな商品も買っています
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
\3,200
サイトタム(Cytotam)
サイトタム(Cytotam)
乳ガン治療薬ノルバデックスのジェネリック薬です。薬価も低めで、多くの人が利用しています。
\4,200
アーマーサイロイド(甲状腺ホルモン剤)
アーマーサイロイド(甲状腺ホルモン剤)
甲状腺ホルモンのT4やT3のバランスを絶妙に保ち、代謝機能や自律神経の乱れを整えます。
\9,560
プロベラ錠10mg
プロベラ錠10mg
合成プロゲステロン
\8,800

フェマラ2.5mgの特徴

フェマラはホルモン剤の一つで、女性ホルモンのエストロゲンをつくるアロマターゼを阻害する働きがあります。
フェマラは女性ホルモン・エストロゲンが関与する乳がんの治療薬として使用され、エストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンの影響でがん細胞が増えたり活性化したりするのを防ぎます。
女性ホルモンでがん細胞が活性化されるタイプは、乳がん患者の約6~7割程度と言われています。
そのため活性化を防ぐためのホルモン治療が行われるのです。

フェマラ2.5mgの用法用量

フェマラの用量・用法は主成分が2.5mgの場合、成人に対して1日1回1錠を服用します。
医師の指示に従って服用してください。
飲み忘れた場合は、気付いた時点で早めに内服しますが、時間がかなり経過した場合は、忘れた分は1回飛ばします。 2回分を一度に内服することは避けてください。誤って多く内服してしまったときは、医師または薬剤師に相談しましょう。
また医師の指示なしに、自己判断でフェマラの服用を中止することのないようにしてください。

フェマラ2.5mgの副作用

フェマラの副作用は、女性ホルモン・エストロゲンに作用するため更年期障害のような症状が表れることがあります。 主な症状はほてり、頭痛やめまい、吐き気などが挙げられます。フェマラを長期間服用すると、抗エストロゲン作用から骨粗しょう症を発症してしまう場合もあります。
その他、まれに血栓症による心筋梗塞、脳梗塞が出る場合があります。
また眠気に襲われる場合もあるので、自動車の運転や機械の操作時には十分注意が必要です。

⇒ その他のホルモン剤はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->