Estrofem エストロフェム2mg画像

エストロフェム(女性ホルモン剤)

エストロフェムは女性ホルモン補充療法において使用されることの多い医薬品です。更年期障害などの治療薬として用いられています。
※画像はシンガポール発送商品です。


製 品 名:
Estrofem 2mg
製 造 元:
Novo Nordisk
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
エストラジオール
関連商品:
エストロモン
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

エストロフェム(女性ホルモン剤)の関連商品があります。

エストロフェム(女性ホルモン剤)の関連の薬があります。

エストロフェム(女性ホルモン剤)の効能

更年期障害(エストロゲン欠乏症候群)、卵巣欠落症状、血管運動神経症状、泌尿生殖器、萎縮症状、閉経後骨粗鬆症など。

エストロフェム(女性ホルモン剤)の特徴

エストロフェムは天然エストラジオールを体内に吸収しやすいように加工した合成エストラジオールです。
女性ホルモン補充療法において使用されることの多い医薬品で、低容量ながら充分な効果を期待できます。
更年期障害、卵巣欠落症状にともなう血管運動神経症状、非尿生殖器の萎縮症状、閉経後の骨粗鬆症などの治療薬として用いられています。

エストロフェム(女性ホルモン剤)用法用量

1日1回1錠を継続して服用します。

[月経のある女性の治療]
月経開始5日目から服用を開始する。

[子宮を摘出した女性および閉経後の女性の治療]
服用開始はいつでもよい。

《飲み忘れた場合》
気づいた時点ですぐにその日の分を服用して下さい。
日をまたいでいる場合は、忘れた日の分を飛ばして服用して下さい。
1回に2回分を服用するのは絶対にやめてください。

エストロフェム(女性ホルモン剤)の副作用

乳房痛、吐き気、食欲不振、月経量の変化など

エストロフェム(女性ホルモン剤)の注意事項

下記条件に該当する方は本剤を使用できません。
・乳がんもしくは子宮がんの既往歴がある、現在患っている、疑いがある方。
・慢性もしくは急性の肝疾患がある方や肝機能が減退している方。
・血栓性疾患(血栓性静脈炎、心筋梗塞など)の症状がある方。
・妊娠中及び授乳中の方。
・原因不明の不正出血がある方。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
フェロモアアルティメイトリキッド[M]
フェロモアアルティメイトリキッド[M]
女性を惹きつける媚薬です!自分の魅力を高め、濃縮されたフェロモンよって狙った相手を興奮させる効果が。
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
炎症やアレルギーに用いられるステロイド剤です。国内でも処方される成分のため安心です。
ノルバデクス10mg
ノルバデクス10mg
主に乳がん治療薬として用いられ、エストロゲンの作用を抑制します。
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
オキシトシン(Oxytocin)30ml
オキシトシン(Oxytocin)30ml
授乳や搾乳の補助、乳腺炎の予防に。また、自閉症の治療に効果があったとの報告があり大変話題となっています。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->