セタボン(アナボリックホルモン剤)画像

セタボン(アナボリックホルモン剤)


製 品 名:
Cetabon
製 造 元:
The British Dispensary
薬効分類:
アナボリックホルモン剤
一 般 名:
スタノゾロール 2 mg 他
・ビタミンB1 50mg
               ・ビタミンB6 5mg
               ・ビタミンB12 50μg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
セタボン 6シート(60錠) 取り扱い終了
この商品を買った人はこんな商品も買っています
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
\4,600
メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)
メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)
合成プロゲステロン
※プロベラのジェネリック
\4,000
アンドロクール
アンドロクール
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
\15,800
オエストロジェル
オエストロジェル
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※ゲル外用薬
\2,600\2,500
プロビロナム(アナボリックホルモン剤)
プロビロナム(アナボリックホルモン剤)
たんぱく同化ステロイドホルモン剤
\2,900

プロビロナム(アナボリックホルモン剤)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

セタボン(アナボリックホルモン剤)の効能

慢性腎疾患、悪性腫瘍、手術後、外傷、熱傷にともなる消耗状態の改善、下垂体性小人症、軽度の再生不良性貧血など

セタボン(アナボリックホルモン剤)の特徴

セタボン(アナボリックホルモン剤)は、タンパク質の合成を促進して組織の発育・増殖をよくする作用があり、慢性の肝臓病や手術後で栄養が不足消耗した状態の治療に用いられます。
また、下垂体性小人症の身長を伸ばすためや再生不良性貧血にも使用されます。
男性ホルモンに近い薬ですが、蛋白同化作用の強いステロイド剤に分類されています。

セタボン(アナボリックホルモン剤)の用法用量

一般的な服用量目安: 成人 1日 1錠服用
※本剤の服用中は定期的に検査を受け、副作用をチェックしてください。 血液、尿、前立腺の検査が必要です。

セタボン(アナボリックホルモン剤)の副作用

女性では男性化作用、男性では睾丸機能抑制などがおこることがあり、
また、肝臓に障害がおこることもあります。小児では、性的早熟をきたしたりすることがあります。

セタボン(アナボリックホルモン剤)の注意事項

・前立腺がんや肝疾患がある方は本剤を使用できません。
・妊娠中もしくは授乳中の方は本剤を使用できません。
・抗凝血薬「ワルファリン」と併用しないでください。

⇒ その他のホルモン剤はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->