アンドリオール40mg画像

アンドリオール

男性ホルモンを外部から補充するための男性ホルモン剤です。


製 品 名:
Andriol Capsules 40mg
製 造 元:
オルガノン
薬効分類:
男性ホルモン剤
一 般 名:
ウンデカン酸テストステロン
日 本 名:
アンドリオール
内 容 量:
10錠 / シート
関連の薬:
セルノスジェル 1%
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アンドリオールのジェネリックがあります。

アンドリオールの関連の薬があります。

アンドリオールの効果

男性の性器系を発育させ、男性の二次性徴を発達させる作用がある男性ホルモン剤です。
高齢化やストレス社会の影響もあり、男性ホルモンの減少がもたらす問題が増えています。
代表的なのは精力減退でしょう。
他にも慢性疲労や虚弱体質など男性ホルモンの不足によってもたらされる問題はさまざまな面に及びます。
それを改善するために男性ホルモン剤を使用するわけです。

運動能力を高めるための筋力増強剤としてもこの男性ホルモン剤は役立ちます。

アンドリオールの特徴

これまで抱えていた男性ホルモン剤の欠点を解消した点にあります。
男性ホルモン剤は体内に摂取した後、肝臓で分解される過程で肝臓機能を損ねてしまう問題点がありました。
その副作用で健康を害してしまうことも。アンドリオールはこの問題を解消し、安全に男性ホルモンの増強が可能になっているのです。
なお、男性ホルモン(テストステロン)の含有量は40mgです。

アンドリオールの用法用量

【男子性腺機能不全(類宦官症)の場合】
通常、テストステロンとして、1日20~50mgを服用します。

【造精機能障害による男子不妊症の場合】
通常、テストステロンとして、1日50mgを無精子症になるまで服用を継続します。

【末期女性性器癌の疼痛緩和、手術不能の乳癌の場合】
通常、テストステロンとして、1日50~200mgを服用します。

アンドリオールの副作用

これまでの男性ホルモン剤に見られた副作用よりは少ないのですが、嘔吐や食欲不振、陰茎肥大、持続性勃起などの問題が生じることもあります。
また珍しいケースですが、精子の減少といった精巣の機能が抑制されてしまうケースもあります。

この点は実際に使用したうえで気を付けるようにしましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
スピロノラクトン100mg
スピロノラクトン100mg
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)です。高血圧症や 男性の抜け毛対策などに用いられます。
エイジディフェンス(HGHパッチ)
エイジディフェンス(HGHパッチ)
若返り効果のあるヒト成長ホルモン(HGH)をパッチで補えます。様々なアンチエイジング効果が期待できます。
チロメル(甲状腺ホルモン剤)
チロメル(甲状腺ホルモン剤)
リオチロニン ナトリウム 甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)です
プロギノバ(女性ホルモン剤)
プロギノバ(女性ホルモン剤)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->