ロジール(ジェネリックダラシン150mg)画像

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)は先発薬であるダラシンのジェネリック薬品です。
一部特定の細菌によって引き起こされる感染症や細菌を抑制する効果があります。


製 品 名:
Rosil
製 造 元:
Siam Bheasach Co.,Ltd
薬効分類:
リコマイシン系抗生物質
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の関連商品があります。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の特徴

ロジールは先発薬であるダラシンのジェネリック薬品です。一部特定の細菌によって引き起こされる感染症や細菌を抑制する効果があります。

ダラシン同様にクリンダマイシン塩酸塩という有効成分の抗菌作用があり、皮膚への感染症に対する抗菌作用が特に強いとされているため、皮膚の感染症であるニキビ(アクネ菌や黄色ブドウ球菌)や細菌性膣症、細菌性心内膜炎の予防、嫌気性細菌の感染などにも効果があります。

なお、このクリンダマイシンは、菌を直接死滅させるのではなく、最近の蛋白質合成を阻害することで、増殖を抑える(静菌効果)タイプの薬剤ですので、一定期間服用を継続する必要があります。

また、ウイルスや真菌性の感染症には抗菌作用がありませんので注意が必要です。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の成分

クリンダマイシン塩酸塩 150mg

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の用法用量

成人の場合は、1回150mg(1錠)を6時間毎にあけて服用してください。
重症の感染症の方は1回300mg(2錠)を8時間毎にあけて服用してください。
※年齢や症状によって服用量が変わりますので適宜増減してください。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の副作用

副作用としてあげられますのが腹痛や下痢、嘔吐などです。
他にも、めまいや口内炎などの症状を引き起こすことがありますので、このような症状があらわれた場合には、医師の診察をお受けください。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の注意事項

抗生物質は場合によっては眠気などの症状を引き起こすことがありますので、車の運転など危険を伴う機械の操作は控えるようにしてください。
妊娠中の方が服用する際には、必ず医師に相談してから服用するようにしてください。
また、本剤はクリンダマイシン塩酸塩が150mgふくまれています。
よって、薬剤エリスロマイシンなどの抗生物質と一緒に服用しますと、アナフィラキシーショックなどの副作用があらわれる場合がありますので、併用は避けるようにしてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ジノステン500mg膣錠
ジノステン500mg膣錠
投薬回数が1回タイプの治療薬です。
※カーネステン-1のジェネリック薬です。
エリスロメッド(エリスロシン錠)
エリスロメッド(エリスロシン錠)
エリスロシン錠と同成分の抗生物質。マイコプラズマ、結膜炎、肺炎、膀胱炎などの感染症に使用されます。
タリビット
タリビット
抗生物質に匹敵するほどの効力を持つように合成された化学療法剤
ジンナット250mg
ジンナット250mg
ジンナット250mgは主に感染症の治療に用いられ皮膚感染症、呼吸器感染症、尿路感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科口腔外科感染症など広い範囲の治療に使用され,副作用の少ない安全性の高い抗生物質です。
バナン100mg
バナン100mg
セフェム系の第3世代の抗生物質で、副作用も少なく安全性も高いと言われています。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->