エリスロメッド250mg画像

エリスロメッド(エリスロシン錠)

エリスロメッドはエリスロシン錠と同成分のマイクロライド系抗生物質です。マイコプラズマ、淋菌、結膜炎、肺炎、膀胱炎、梅毒など様々な部位や種類の感染症に使用されます。※EMS対象外商品です。


製 品 名:
Erythromed 250mg
製 造 元:
Medic Pharma
内 容 量:
500錠 / 本
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

エリスロメッド 1本(500錠) ※EMS対象外 [タイ発送] ¥6,300カートに入れる

エリスロメッド(エリスロシン錠)の特徴

エリスロメッドはエリスロシン錠と同成分のマイクロライド系抗生物質です。

エリスロメッドは病原微生物が生育するのに必要なタンパク質ができるのを阻害する抗生物質で、病原生物を死滅させるだけでなく増殖も抑える効果もあります。

肺炎や敗血症など、細菌によっては重篤な状態に陥ることがあります。
高齢者や小児では特に問題となりやすく、命に関わることもあるため感染症の対策は非常に重要と言えます。

エリスロメッドは呼吸器感染症、耳鼻科領域感染症、皮膚科領域感染症など幅広い範囲の感染症治療に用いられます。

主にブドウ球菌、マイコプラズマ、連鎖球菌、肺炎球菌、髄膜炎菌、淋菌、ジフテリア菌、梅毒トレポネーマなどによって引き起こされた感染症に使用されます。

症状としては、マイコプラズマ、淋病、百日咳、トラコーマ、結膜炎、ものもらい、副鼻腔炎、にきび、やけど、肺炎、膀胱炎、外字炎、中耳炎、ジフテリアなど…多岐にわたります。

セフェム系やペニシリン系抗生物質が出てからはあまり使用されなくなりましたが、セフェム系やペニシリン系に対して耐性菌が出てきたことから、その病原微生物によって起こった感染症の治療薬として使用されています。

エリスロメッド(エリスロシン錠)の用法用量

800mg~1200mg(小児25mg~50mg/kg)を4回から6回服用します。

エリスロメッド(エリスロシン錠)の副作用

消化器系障害で下痢症状、嘔気、嘔吐、腹痛などが起きやすいとされています。

エリスロメッドの服用で、発疹の過敏症が起きる場合があります。また心電図異常をきたす事もあり、場合によっては致死的な不整脈を引き起こす事もあります。

ただし副作用の頻度、種類ともに多くなく、比較的安全な薬物ではあります。
ペニシリン系でまれに起きる重篤なアレルギー反応も少ないです。

エリスロメッド(エリスロシン錠)のご注意

肝機能障害のある方、妊婦、授乳中の方など服用前に医師にご相談ください。
また、服薬中の薬がある方、通院中の方も必ず医師にご相談ください。
抗生物質の血中濃度を一定に保つために、一定時間ごとの決まった容量の服用をしなければなりません。
本剤で過敏症を引き起こした事のある方やシサプリド(消化管運動改善薬)やピモジド(強力な精神安定剤)を服用している方はエリスロメッドを服用できません。

⇒ その他の性感染治療薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
エリスロメッド 1本(500錠) ※EMS対象外 [タイ発送] ¥6,300カートに入れる

エリスロメッド(エリスロシン錠)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

会員のお客様

マイページ(ログイン)
カート金額
---- 円
保有ポイント
ログインで表示
現在の会員ランク
ログインで表示
無料会員登録でランクが上がるほどお得にお買いものができます
買い物カゴを見る
まだ会員でない方
会員登録で500ポイントプレゼント
新規会員登録