ジスロマックジェネリック250mg画像

ジスロマックジェネリック250mg

ジスロマックジェネリック250mgはアジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質です。日本でも処方されるお薬で、クラミジアや肺炎など様々な症状に使用されます。


製 品 名:
Azicip250mg
製 造 元:
Cipla
主 成 分:
アジスロマイシン
内 容 量:
6錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ジスロマックジェネリック250mgの先発の薬があります。

ジスロマックジェネリック250mgの関連の薬があります。

ジスロマックジェネリックの特徴

ジスロマックジェネリック250mg(製品名アジシップ250mg)は、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系抗生物質です。
ジスロマックは日本でも処方されるお薬で、クラミジアや肺炎など様々な症状に使用されます。

細菌を殺して感染を治療する抗生物質で、呼吸器や耳鼻科を中心に各科で広く使われています。
細菌によるのどの痛みや発熱をともなう風邪にも処方されますが、インフルエンザやウイルス性の風邪には作用しませんので注意が必要です。ただし、二次感染時や予防には用いられることがあります。

ジスロマックは作用期間が非常に長いという特徴があります。
例えば1日1回3日間の服用で、他の同類薬を7~14日間使用した場合と同じ効果が得られます。
そのため服用の手間がかかりません。

また、最大の特徴として、一般の抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジアにも有効です。

ジスロマックジェネリックの用法用量

症状により用法用量は異なります。
通常、1日1回3日間服用することが多いようです。食事を気にせず服用できます。

飲み忘れた場合は、すぐに服用してください。
ただし、次の服用時間までの間が短い場合は忘れた分は服用しません。2回分を一度に服用することも避けます。

ジスロマックジェネリックの副作用

ジスロマックジェネリックの副作用は比較的少ないとされていますが、吐き気や胃痛、下痢などの胃腸症状があらわれることがまれにあるようです。

その他、異常や異変があらわれた場合は、すぐに服用を中止し医師にご連絡ください。

ジスロマックジェネリックのご注意

ジスロマックジェネリックを服用する際には、決められた用法・用量を守り、指示された期間はきちんと服用するようにしましょう。
耐菌性を作らないためにも、指示された期間の服用は必要ですので、ご自身の判断で、勝手に薬の服用を中止することは厳禁となります。
持病やアレルギーをお持ちの方、通院中の方、薬を服用中の方、妊娠・授乳中の方は、服用前に医師にご相談ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
シフロキシン
シフロキシン
病原菌に対して殺菌的に作用にするニューキノロン系合成抗菌剤
※レキシノのジェネリック薬です。
イビアモックス(梅毒・淋病の治療薬)
イビアモックス(梅毒・淋病の治療薬)
梅毒、淋病など、STD(性感染症)をはじめ様々な感染症の治療に用いるペニシリン系の抗生物質です。
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
広範囲な抗菌作用を有する合成抗菌剤
ノルキサシン(バクシダール錠のジェネリック)
ノルキサシン(バクシダール錠のジェネリック)
病原菌に対して殺菌的に作用にするニューキノロン系合成抗菌剤
※シプロベイのジェネリック薬です。
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
ペニシリン系抗生物質で、一般的に呼吸器系の感染症を治療するために使われる薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->