アモキシシリン250mg画像

アモキシシリン250mg


製 品 名:
Amoxi_T.O. 250mg
製 造 元:
T.O. Lab Co.,Ltd.
薬効分類:
ペニシリン系抗生物質
一 般 名:
アモキシシリン水和物
日 本 名:
アモキシシリンカプセル(アモキシ)
内 容 量:
20錠/箱
150錠/箱
関連商品:
アモキシシリン500mgカプセル
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アモキシシリン 250mg の効能

梅毒、淋菌の治療薬。

アモキシシリン 250mg の作用

アモキシシリン250mgは梅毒、淋菌の治療薬で、代表的なペニシリン系抗生物質です。
グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌などグラム陰性菌の一部にも有効だが緑膿菌やセラチアには効果がない。 扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの比較的軽い感染症にも用いられる。 また 胃潰瘍などにおけるピロリ菌の除菌にも用いられる。

アモキシシリン 250mg の用法容量

一般感染症(ヘリコバクター・ピロリ感染症を除く):
通常、成人は1回1カプセル〔主成分として250mg(力価)〕を1日3~4回服用します。
小児は主成分として1日20~40mg(力価)/kgを3~4回に分けて服用します。
年齢・症状により適宜増減されます。

ヘリコバクター・ピロリ感染症:
通常、成人は1回3カプセル〔主成分として750mg(力価)〕を他の2つの薬剤〔クラリスロマイシン、メトロニダゾールのいずれかとプロトンポンプインヒビター(ランソプラゾール、オメプラゾール、ラベプラゾールナトリウムのいずれか)〕と同時に1日2回、7日間服用します。
アモキシシリンは1カプセル中に主成分として250mg(力価)を含有する製剤です。いずれも、必ず指示された服用方法に従ってください。飲み忘れた場合は、気がついた時、できるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次に通常飲む時間が近い場合は1回とばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

アモキシシリン 250mg の禁忌

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者
  • 伝染性単核症のある患者
  • 本剤の成分による黄疸又は肝機能障害の既往歴のある患者

アモキシシリン 250mg の副作用

  • 菌交代症による口内炎
  • 大腸、(カンジダ,クレブシェラによる)
  • ビタミンK欠乏症(出血傾向など)
  • ビタミンB群欠乏症(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎など)

この商品を買った人はこんな商品も買っています
セファレキシン(セファデックス)250mg
セファレキシン(セファデックス)250mg
細菌が原因のいろいろな病気に用いられる、セフェム系の抗生物質です。日本ではケフレックスの名称で販売されています。
アモキシクラブ625mg
アモキシクラブ625mg
細菌を殺菌する薬です。細菌が原因の色々な病気に用います。
※オーグメンチンのジェネリック薬です。
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
ペニシリン系抗生物質で、一般的に呼吸器系の感染症を治療するために使われる薬です。
ジェニナックジェネリック200mg
ジェニナックジェネリック200mg
ジェニナックジェネリック200mgは抗菌剤ジェニナックのジェネリック医薬品です。ガレノキサシンという有効成分の作用によって細菌の繁殖を防ぐことができます。
シプロベイ(抗菌剤)
シプロベイ(抗菌剤)
病原菌に対して殺菌的に作用にするニューキノロン系合成抗菌剤
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->