セロフロ・ロタカプセル(アドエアジェネリック医薬品)画像

セロフロ・ロタカプセル(アドエアジェネリック医薬品)

セロフロ・ロタカプセルはアドエアジェネリック医薬品です。
ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患の治療薬で、使用当初から呼吸機能改善効果が現れます。
長期にわたり呼吸のコントロールが可能で、ステロイドの効果が薄い重症の呼吸器疾患の方に適しています。


製 品 名:
Seroflo Rotacaps
製 造 元:
Cipla Ltd
薬効分類:
喘息の薬
一 般 名:
セロフロ・ロタカプセル
日 本 名:
ジェネリックアドエア・ロタカプセル30錠
内 容 量:
30錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

セロフロ・ロタカプセル(アドエアジェネリック医薬品)の先発の薬があります。

セロフロ・ロタカプセル(アドエアジェネリック医薬品)の関連の薬があります。

セロフロ・ロタカプセルの効能

セロフロ・ロタカプセルはアドエアジェネリック医薬品です。
ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患の治療薬で、ドライパウダーの薬剤を吸入器ロタヘイラーにセットして吸引します。

特徴は、成分のフルチカゾンプロピオン酸エステルとキシナホ酸サルメテロールの両方が配合されていることです。
この2つの成分には相乗効果があり、使用当初から呼吸機能改善効果が現れます。
長期にわたり呼吸のコントロールが可能で、ステロイドの効果が薄い重症の呼吸器疾患の方に適しています。

フルチカゾンプロピオン酸エステルは、気道の過敏症・過剰な炎症を抑えて、ぜんそくを起こりにくくし、
キシナホ酸サルメテロールは気管支を拡張して、楽に呼吸ができるように働きます。

セロフロ・ロタカプセルの用法用量

1日1回、12時間の間隔を開けて使用します。

予防薬として、毎日規則的に使用することが大切です。
1日2回以上吸入しないでください。
改善が見られなくても勝手に吸入回数を増やさずに、医師に指示を仰ぐようにしてください。

① マウスピースキャップを外して吸入器をよく振り、口の中にマウスピースを入れて、ゆっくり息を吐きます。
② 顔を上げて、息を吸うと同時に吸入器を押します。
③ 肺がいっぱいになるまで息を吸い込みます。
④ 肺がいっぱいになったら、吸入器を外して約10秒間息を止めます。
⑤ ゆっくり息を吐きます。

基本的に、1回の吸入は1回または2回ですが、症状によっても異なりますので、医師の指示に従って吸入することが重要です。
吸入後はうがいをしてください。

セロフロ・ロタカプセルの主成分

フルチカゾンプロピオン酸エステル
キシナホ酸サルメテロール

セロフロ・ロタカプセルの副作用

主に声のかすれやのどのイガイガ等が報告されています。
その他にも血圧の上昇や頭痛、吐き気、指や手のふるえなどがあります。
必ず医師や薬剤師と相談するようにしましょう。
。 副作用を感じたら使用をやめて、すぐに医師に相談してください。
服用は医師の指示に従ってください。

セロフロ・ロタカプセルの注意事項

12歳以下は使用禁止となっています。
また、高血圧や心臓病などの持病がある場合は、事前に医師に伝えることが大切です。
結核をお持ちの方は原則使用禁止となっていますので、細菌や真菌による重い感染症などがある場合は、慎重な使用が必要です。
また、この薬剤は予防薬で起きている発作を止めることはできません。
その場合は、他の即効性のある吸入薬が必要となります。
使用の中止に際しても医師の指示に従ってください。
自己判断では使用を中止すると、薬剤の反動で悪化することがあります。
エイズの薬リトナビル、テオフィリン、ステロイド剤などと併用すると副作用の恐れがありますので、事前に医師に伝えることと定期的に検査を行うなどの慎重な対応が必要です。

セロフロ・ロタカプセルの服用は医師の指示に従ってください。
特に現在、治療中や服用中のお薬がある場合は、必ず医師に相談の上服用しましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
花粉症対策!キトサンマスク
花粉症対策!キトサンマスク
花粉症対策!キトサンを使用した3層フィルターでウイルス・花粉・ハウスダスト・窒素酸化物などを防ぎます。
新型インフルエンザ 子供用マスク
新型インフルエンザ 子供用マスク
高スペックの子供用マスク BFE(バクテリアろ過効率):99% PFE(微粒子ろ過効率):99%
ベネトリン 吸入
ベネトリン 吸入
喘息のほか、気管支炎などにも使用される吸入の気管支拡張剤です。
フルナーゼ点鼻液
フルナーゼ点鼻液
アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎など鼻の炎症に強力に作用するステロイド剤です。
テルファスト
テルファスト
アレルギーによるクシャミ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミなどに有効で、花粉症に使われることもあります。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->