クロミカルム20mg画像

クロミカルム20mg

クロミカルム20mgは、飼い主がいないことに強い不安を感じてしまう分離不安症のワンちゃんの為のお薬です。 唯一許可されている分離不安症治療薬です。


製 品 名:
Clomicalm20mg
製 造 元:
Novartis
主 成 分:
塩酸クロミプラミン20mg
内 容 量:
30錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

クロミカルム20mgの特徴

犬の分離不安症とは、独りになった途端に強い不安を感じてしまいパニック状態になり、むやみに吠えたり物を壊してしまったりという問題行動を起してしまうことです。
飼い主からの愛情を多く受けている犬ほど、留守番しているときなど強い不安を感じてしまう傾向にあるようです。
飼い主に依存してしまう傾向にある犬や、過去のトラウマ、突然の環境変化、家族との長期の別れや死別なども原因となることがあります。

犬の分離不安症に最も効果的なアプローチは、行動療法と薬物両方の組合せといわれています。
分離不安症になってしまう犬は、このセロトニンの脳内での作用が弱い傾向にあるといわれています。
クロミカルム20mgには、有効成分である<塩酸クロミプラミン>セロトニンの取り込みを阻害し、セロトニンの作用を高めて不安状態を取り除く作用があります。

クロミカルム20mgの用法用量

1日2回(体重の1kgあたり「塩酸クロミプラミン」として1~2mg)使用して下さい。

クロミカルム20mgの副作用

報告されている副作用は嘔吐、嗜眠、下痢になります。
もし、気になる症状がありましたら獣医師に相談・確認してください。

クロミカルム20mgの使用上の注意

・クロミカルムは獣医師に相談して行動療法の補助として使用して下さい。
・体重1.25kg以下、または生後6ヶ月未満の犬には使用出来ません。
・犬用の分離不安症の治療薬です。犬以外には使用しないで下さい。
・行動療法と併用して薬物療法は2~3ヵ月間は必要になります。
また、薬物療法の効果が見られなくても3ヶ月以上を超えての使用はしないで下さい。
・クロミカルムを使用中は行動療法が常に適切に行われているか定期的に獣医師に相談・確認してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アクアティアーズ(点眼液)
アクアティアーズ(点眼液)
アクアティアーズはドライアイや結膜炎などのトラブルを解消する目薬です。
リーバスリー(液体歯磨き)
リーバスリー(液体歯磨き)
1日2回スプレーするだけ!ペットの気になる口臭や歯周病・虫歯をケアする液体歯磨き。
オトマックス
オトマックス
3つの成分で外耳炎のトラブルをまとめて解決。効果的な治療が行える犬用外耳炎薬。
マウススプレー(ペットの口腔ケアスプレー)
マウススプレー(ペットの口腔ケアスプレー)
口臭予防。 口内と歯の衛生。 口内の汚れを取り除きます
オティペット点耳薬
オティペット点耳薬
急性、慢性の細菌性または真菌性の外耳、内耳の炎症や、耳の痛みに効果を発揮します。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->