シメチジン(サイアミディン)画像

シメチジン(サイアミディン)

胃炎や胃潰瘍の治療薬です。


製 品 名:
Siamidine 400mg
製 造 元:
サイアム
薬効分類:
胃薬
一 般 名:
シメチジン
日 本 名:
タガメット錠
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

シメチジン(サイアミディン)の効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)など。

シメチジン(サイアミディン)の作用

サイアミディンは胃炎や胃潰瘍の治療の第一選択薬のひとつです。
また、ヒスタミン受容体拮抗薬に分類されており、同系統の中でも最も歴史が古い薬です。
胃酸は本来、胃を外敵から守るために働くものですが、胃壁が弱ってしまっていると逆に胃粘膜を荒らして胃炎や胃潰瘍などの原因になってしまいます。
有効成分のシメチジンは胃粘膜のヒスタミン受容体を遮断することで胃酸の分泌を抑制します。
胃酸の分泌を抑制することにより胃にかかる負担を軽減し、胃炎や胃潰瘍の回復を促します。

シメチジン(サイアミディン)の用法用量

一般的な用法として、1日800mgを2回(朝食後及び就寝前)に分割して経口投与する。
また,1日量を4回(毎食後及び就寝前)に分割もしくは1回(就寝前)投与することもできる。

【飲み忘れた場合】
気が付いた時、できるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、以下を参考にして、次に飲む時間が近い場合は服用しないで、その後は指示された時間から飲んでください。
1日4回飲んでいる場合:次に飲むまで服用しないでください。
1日2回飲んでいる場合:次に飲むまで5時間以上あけてください。
1日1回飲んでいる場合:次に飲むまで8時間以上あけてください。
※絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

シメチジン(サイアミディン)の副作用

便秘、乳首の腫れや痛み、発疹、肝機能値の異常など
※副作用は比較的少ないほうです。

シメチジン(サイアミディン)の一般的注意

・腎臓や肝臓に疾患のある方、薬物に対しアレルギー反応がある方、高齢の方は服用量や服用間隔を医師に相談してください。
・抗凝血薬のワルファリン、喘息の薬のテオフィリン(テオドールなど)、抗けいれん薬のフェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、カルバマゼピン(テグレトール)、高血圧の薬のβ遮断薬、カルシウム拮抗薬、抗不整脈薬、抗うつ薬などとの併用は避けてください。
・自己判断での服用中止は禁止です。必ず医師の指示に従ってください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ドブレン50mg(ドクマチールのジェネリック)
ドブレン50mg(ドクマチールのジェネリック)
【成分】 Sulpiride (スルピリド)
※ドクマチールのジェネリック薬です。
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
日本ガスター10の強力版で、過剰に分泌した胃酸をコントロールして胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきに優れた効果を発揮。
キシリモル軟膏(局部麻酔剤)
キシリモル軟膏(局部麻酔剤)
ステロイドと局部麻酔剤が含まれている為、痛みを伴った痔にとても効果があります。
ブスコパン
ブスコパン
ブスコパンは胃炎や下痢、胆管炎、胆石などによる腹痛に広く用いられる鎮けい剤です。
ガスモチン5mg
ガスモチン5mg
副交感神経の働きを活発にし、消化管運動を亢進させることで胃もたれなどの消化器症状を改善します。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->