ラニジン150mg画像

ラニジン(ザンタックと同成分)

ザンタックのジェネリック薬です。胃酸を抑制する胃腸薬です。


製 品 名:
RANIDINE 150mg
一 般 名:
ラニチジン塩酸塩
製 造 元:
BIOLAB
薬効部類:
消化性潰瘍用剤
日 本 名:
ラニジン150mg
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ラニジン(ザンタックと同成分)特徴

ラニジンはザンタックのジェネリック医薬品です。
ザンタックは胃酸の分泌を抑えて胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍に効果の高いH2ブロッカーですが、そのジェネリック薬であるラニジンにも同様の効能があります。
ラニジンの効能は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療です。
胃粘膜のヒスタミン受容体(H2)を阻害することで胃酸があまり出ないようにし、それによって胃酸の刺激を弱めて胃炎や潰瘍の治療に効果を発揮し、また痛みも抑えます。
さらに鎮痛剤など他の薬によって胃が荒れることも防ぎます。

ラニジン(ザンタックと同成分)用法用量

用法は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合は1日2回、朝食後と就寝前に服用します。
1回につき150mg服用しますが、1日1回就寝前に300mg服用するという形にすることも可能です。
急性胃炎や慢性胃炎の急性憎悪期には朝食後と就寝前1日2回、1回につき75mgを服用します。
あるいは1日1回就寝前に150mgを服用するという形にもできます。
どちらも症状を見て適宜増減します。

ラニジン(ザンタックと同成分)主な副作用

副作用としては便秘や肝機能値の異常、倦怠感や頭痛などがあります。
ごくまれに不安感や幻覚、けいれんなどが起きることもあります。
元々腎臓の悪い方や高齢の方は服用に際し注意が必要です。

ラニジン(ザンタックと同成分)基本的注意

注意事項は、決められた用法用量を守ることです。
急にやめると胃酸の分泌が反発的に増え、潰瘍の悪化や再発の恐れがあるので、医師の判断に従って徐々に量を減らしていきます。
また、長期的に服用する場合は肝機能や血液の検査を定期的に行う必要があります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
イモジウム(下痢・ガス止め)
イモジウム(下痢・ガス止め)
下痢に加えて、ガス、急激な腹痛症状,、圧迫感、膨満感の解消に役立ちます。
ランソプラゾール(タケプロンジェネリック)
ランソプラゾール(タケプロンジェネリック)
胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍等の痛みや胸焼けをやわらげ、治りを良くします。
プロクトセディル軟膏
プロクトセディル軟膏
プロクトセディル軟膏は痔の治療に処方される薬です。
プロクトセディル坐薬
プロクトセディル坐薬
プロクトセディル坐薬は痔の治療に広く処方されています。
ロゾール(胃酸分泌抑制薬)
ロゾール(胃酸分泌抑制薬)
胃酸の分泌を強力に抑えて、胃酸の悪い影響をなくし、胃潰瘍等の治りを良くします。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->