パリエット画像

パリエット

パリエットは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎の治療薬です。
治癒効果を促進し、痛みや吐き気などのつらい症状を速やかに改善します。


製 品 名:
Pariet 10mg / 20mg
製 造 元:
エーザイ
薬効分類:
胃薬
一 般 名:
ラベプラゾールナトリウム
日 本 名:
パリエット錠
内 容 量:
14錠 / 箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

パリエットの効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger‐Ellison症候群

パリエットの特徴

パリエット強力な胃酸分泌抑制作用を持つ、胃潰瘍、逆流性食道炎の治療薬です。
国内で3番目のプロトンポンプ阻害薬(PPI)で、この系統の薬は他のどの薬よりも強力に胃酸分泌を抑えるため、難治性の潰瘍に非常に効果的です。
そのため、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療として第一選択されることが多い薬です。
また、胃潰瘍の原因菌「ヘリコバクター・ピロリ菌」の除菌補助や非びらん性胃食道逆流症の治療にも使用されています。
薬理として有効成分のラベプラゾールは胃酸分泌の最終段階であるプロトポンプという機能を阻害することで胃酸分泌抑制効果を発揮します。

パリエットの用法用量

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群
    通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1日1回10mgを経口投与するが、病状により1日1回20mgを経口投与することができる。なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。
  • 逆流性食道炎
    通常、成人にはラベプラゾールナトリウムとして1日1回10mgを経口投与するが、病状により1日1回20mgを経口投与することができる。
    なお、通常、8週間までの投与とする。さらに再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては1日1回10mgを経口投与する。

【飲み忘れの場合】
気がついた時にできるだけ早く飲んでください。次に飲む時間が近い場合は、飲み忘れた分は飲まないで1回分を飛ばし、次に飲む時間に1回分を飲んでください。2回分を一度に飲んではいけません。

パリエットの主な副作用

頭痛、めまい、軟便、下痢、肝機能数値の異常。
※副作用は比較的少ないほうです。症状が重い場合は医師にご相談ください。

パリエットの一般的注意

  • 肝臓機能に障害のある方、薬でアレルギーを起こしたことがある方、高齢の方は服用に注意が必要です。医師に相談してください。
  • 胃酸減少により他の薬の吸収に影響する可能性があります。併用する薬は必ず医師に報告してください。
  • 長期的に服用する場合は肝臓や腎臓の定期検査を行うようにしてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
シメチジン(サイアミディン)
シメチジン(サイアミディン)
胃酸の分泌をおさえる薬です。胃炎や胃潰瘍の治療に用います。
ブスコパン
ブスコパン
ブスコパンは胃炎や下痢、胆管炎、胆石などによる腹痛に広く用いられる鎮けい剤です。
ファド40mg
ファド40mg
ファド40mgはガスターと同成分であるファモチジン製剤です。
プレバシド(タケプロン)
プレバシド(タケプロン)
胃酸の分泌を強力におさえる薬です。鎮痛薬が原因の潰瘍にも有効です。
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
日本ガスター10の強力版で、過剰に分泌した胃酸をコントロールして胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきに優れた効果を発揮。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->