モティリウム-M 10mg画像

モティリウム-M

日本で処方されるナウゼリン錠と同成分の吐き気止めです。胃腸の活動を活発にし、吐き気や食欲不振などを改善してくれます。


製 品 名:
Motilium-M 10mg
製 造 元:
JANSSEN
薬効分類:
胃薬
一 般 名:
ドンペリドン
日 本 名:
モティリウム-M、ナウゼリン錠
内 容 量:
20錠/箱
ジェネリック:
モラックス-M
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

モティリウム-Mの関連商品があります。

モティリウム-Mの効能・特徴

モティリウム-Mは、有効成分ドンペリドンを含有した胃腸機能改善薬です。
日本では同成分のお薬としてナウゼリンが知られており、一般的に吐き気止めとして処方されています。

モティリウム-Mの有効成分のドンペリドンは、弱った胃腸の運動を活性化する作用があり、その結果として、吐き気や食欲不振、膨満感、胸やけなどの症状を改善してくれます。

ドンペリドンは胃などに存在するプロラクチン(PRL)と呼ばれるホルモンの分泌を促し、ドーパミンを抑制することによって胃運動を活性化し吐き気などを改善します。

このような抗ドーパミン薬は他にもありますが、ドンペリドンは同類の薬に比べ副作用が起こりにくく、日本でも小児科を含め広く処方されているお薬です。

モティリウム-Mの成分

モティリウム-Mの有効成分はドンペリドン10mgです。

モティリウム-Mの用法用量

モティリウム-Mは必ず正しい服用量を守りましょう。

●成人
モティリウム-M(ドンペリドン)は、通常1回10mg(1錠)を1日3回食前に服用します。
ただし、レボドパ製剤服用時には1回5~10mgを1日3回食前に服用します。
なお、年齢症状により適宜増減します。

●小児
モティリウム-M(ドンペリドン)は、通常1日1.0~2.0mg/kgを3回食前に分けて服用します。
なお、年齢や体重、症状により適宜増減します。1日の服用量は30mg(3錠)を超えてはいけません。
また、6才以上の小児の服用の場合は1日最高用量は1.0mg/kgを限度とします。

モティリウム-Mの副作用

モティリウム-Mは、他の同類薬に比べると比較的副作用の少ないお薬ですが、腹痛や下痢、めまい、眠気があらわれる事があります。運転などの作業には十分に注意してください。

また、まれにホルモンの乱れによる生理不順や乳汁分泌もみられます。
異常や違和感を感じた場合はモラックス-Mの服用を直ちに中止し、医師にご相談下さい。

モティリウム-Mの注意事項

持病やアレルギーのある方はモティリウム-Mを服用する前に必ず医師にご相談下さい。
また、現在服用中の薬がある場合にも注意が必要です。
モティリウム-Mは妊娠中の女性、胃腸に出血や閉塞のある方は服用できません。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
15%塩化ナトリウム浣腸
15%塩化ナトリウム浣腸
食塩浣腸。 使用方法はグリセリン浣腸と一緒です。 グリセリン浣腸はシクシクしてイヤだという方に。
ムコスタ
ムコスタ
胃の粘膜を丈夫にして、胃酸に対する抵抗力を高め、胃炎や胃潰瘍を治療するお薬です。
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
ファモジン20mg/40mg(ガスター錠と同成分)
日本ガスター10の強力版で、過剰に分泌した胃酸をコントロールして胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきに優れた効果を発揮。
ラニジン(ザンタックと同成分)
ラニジン(ザンタックと同成分)
ザンタックのジェネリック薬品。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などの治療に。
シメチジン(サイアミディン)
シメチジン(サイアミディン)
胃酸の分泌をおさえる薬です。胃炎や胃潰瘍の治療に用います。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->