ガスモチン5mg画像

ガスモチン5mg

ガスモチン5mgは、胃腸の働きをよくするお薬です。
吐き気や食欲不振、胸やけなどに用います。


製 品 名:
Gasmotin5mg
製 造 元:
Sumitomo Dainippon Pharma Co.,Ltd.
薬効分類:
胃薬
一 般 名:
モサプリドクエン酸塩水和物
日 本 名:
ガスモチン5mg
内 容 量:
30錠/箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ガスモチン5mgの特徴

ガスモチン5mgは、有効成分のモサプリドクエン酸塩を含有した消化管運動調整薬です。
副交感神経の働きを活発にし消化管運動を亢進させることで、胃もたれなどの消化器症状を改善します。

ガスモチンに含まれる有効成分のモサプリドクエン酸塩は、胃腸の運動を活発にし、慢性胃炎に伴う消化器症状である胸焼け、悪心、嘔吐などの症状を改善します。
また経口腸管洗浄によるバリウム注腸X線造影検査前の処置の補助としても使用できます。

ガスモチン5mgの成分

モサプリドクエン酸塩水和物

ガスモチン5mgの用法容量

【慢性胃炎の消化器症状の場合】
1日15mg(3錠)を朝昼夕の3回に分けて、食前または食後に経口投与してください。

【経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助の場合】
補助経口腸管洗浄剤の投与開始時に20mg(4錠)を経口腸管洗浄剤(約180ml)で経口投与してください。
また、経口腸管洗浄剤投与終了後20mg(4錠)を少量の水で経口投与してください。

ガスモチン5mgの副作用

【慢性胃炎の消化器症状の場合】
重大な副作用として、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸があります。
その他に、過敏症による浮腫や蕁麻疹、発疹、血液中の好酸球増多、白血球の減少、消化器では下痢や軟便、口渇、腹痛、吐き気や嘔吐味覚異常や腹部膨満感、口内しびれ感が起こり肝臓では、ALTの上昇やAST、ALP、ビリルビン上昇、循環器では心悸亢進が出現します。精神神経系では、めまいやふらつき頭痛となります。その他にも倦怠感、中性脂肪上昇、振戦がみられる場合があります。

【経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助の場合】
消化器に現れる症状として腹部膨満感、吐き気や腹痛、胃部不快感、肝臓ではビリルビンの上昇、精神神経系では頭痛や眠気が現れます。その他にも胸部不快感や寒気、倦怠感、尿潜血、尿たんぱく、LDHの上昇などがあります。

ガスモチン5mgの注意事項

高齢者に投与する場合は、腎機能や肝機能などの生理機能が低下しているので、患者さんの状態を観察しながら慎重に投与します。
慢性胃炎に伴う消化器症状に用いる際に副作用が現れた場合は減量して投与するようにし、妊婦や産婦、授乳婦に投与する場合は治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ投与します。
なお、妊娠中の投与に関する安全性は確立されていません。授乳中の婦人には投与することを避け、やむを得ない場合には授乳を中止します。
また小児への投与も安全性が確立されていないため投与は避けるようにしてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
モラックス-M
モラックス-M
弱った胃腸の運動を活性化します。一般的に吐き気止めとして処方されています。
シメチジン(サイアミディン)
シメチジン(サイアミディン)
胃酸の分泌をおさえる薬です。胃炎や胃潰瘍の治療に用います。
アンチ・ダイアリール(下痢止め)
アンチ・ダイアリール(下痢止め)
旅行先で起こる旅行下痢症状などを含む下痢症状を抑えるためにお使いください。
15%塩化ナトリウム浣腸
15%塩化ナトリウム浣腸
食塩浣腸。 使用方法はグリセリン浣腸と一緒です。 グリセリン浣腸はシクシクしてイヤだという方に。
ルシファックス200mg
ルシファックス200mg
「旅行者下痢症」のための抗生物質です。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->