Naproxen ナプロキセン250mg画像

ナプロキセン


製 品 名:
Naproxen250mg
製 造 元:
chumchon
薬効分類:
鎮痛薬(プロピオン酸系)
一 般 名:
ナプロキセン
日 本 名:
ナイキサン,モノクロトン,ナロスチン
関連商品:
ロキソニン
イブプロフェン
                Naprosyn250mg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ナプロキセンの効能

  • 下記疾患の消炎、鎮痛、解熱
    (関節リウマチ、変形性関節症、痛風発作、強直性脊椎炎、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎、月経困難症、帯状疱疹)
  • 外傷後並びに手術後の消炎、鎮痛
  • 歯科や口腔外科領域における抜歯並びに小手術後の消炎、鎮痛

ナプロキセンの作用

ナプロキセンはプロピオン酸系非ステロイド抗炎症薬(NSAID)の一種です。 炎症や発熱の原因であるプロスタグランジン合成を抑制し、合成酵素シクロオキシゲナーゼを阻害することにより鎮痛・消炎作用を示します。 ナプロキセンはプロピオン酸系消炎剤の特徴として即効性の効き目と高い安全性を持っており、その高い効果から広域にわたって使用されています。

ナプロキセンの用法用量

通常、成人にはナプロキセンとして1日量300~600mgを2~3回に分け、なるべく空腹時をさけて経口投与する。
痛風発作には初回400~600mgを経口投与する。
頓用する場合及び外傷後並びに術後初回には300mgを経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

ナプロキセンの一般的注意

  • 慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対して長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査及び肝機能検査等)を行うこと。
  • 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、炎症(急性)、疼痛及び発熱の程度を考慮し、原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。
  • 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。
  • 高齢者、小児及び虚弱者には、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に用いること。

ナプロキセンの主な副作用

胃腸障害、腹痛・胃痛・胃部不快感、悪心・嘔吐、食欲不振、発疹、浮腫など

この商品を買った人はこんな商品も買っています
JAPROLOX(ロキソニン)
JAPROLOX(ロキソニン)
鎮痛、肩関節周囲炎など、各種の痛みを抑える薬です。
ボルタレン徐放錠100mg
ボルタレン徐放錠100mg
炎症や腫れ、痛みを和らげてくれる鎮痛・消炎剤です。
プレガリカ
プレガリカ
プレガリカはリリカと呼ばれる薬のジェネリックです。神経障害性の疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の緩和に効果が期待できるとされています。
ナラトレックス(アマージジェネリック)
ナラトレックス(アマージジェネリック)
炎症を起こす物質の放出を抑えて血管周囲の炎症を抑え、片頭痛を改善します。
リリカ(プレガバリン)
リリカ(プレガバリン)
帯状疱疹後神経痛や糖尿病性末梢神経障害、線維筋痛症状などの症状を緩和 させます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->