ゼット 20mg/40mg画像

ゼット 20mg/40mg

ゼット(Xet)はSSRI抗うつ剤のパキシルのジェネリックです。精神的な落ち込みや不安感の解消に効果的に作用します。


製 品 名:
Xet 20mg/40mg
製 造 元:
Zydus Neurosciences
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
パロキセチン塩酸塩
日 本 名:
パキシル
内 容 量:
100錠/箱
先発の薬
パキシル (セロザット)
関連の薬:
パロキセチン
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ゼット(パキシルジェネリック)の特徴

ゼットはSSRI抗うつ剤のパキシルジェネリックです。精神的な落ち込みや不安感の解消に効果的となってきます。
パキシルと同成分のため同等の効果が期待できますが、ジェネリックのため価格が抑えられています。

SSRI抗うつ剤(選択性セロトニン再取り込み阻害剤)は第三世代の抗うつ剤で、第一世代・第二世代の抗うつ剤と比較した場合、口の渇き、便秘、心毒性などの副作用が軽減されている特徴があります。
しかし、効果は強力なため服用には注意が必要です。

ゼットは服用することで脳の伝達物質の働きを整える効果がありますので、飲み続けることで憂鬱感やうつに伴う不安感も軽減させることができます。

ゼット(パキシルジェネリック)の用法

投与は1回10~20mgより開始し、1~2週ごとに5~10mg日ずつ徐々に増量します。
また、減量も徐々に行います。

●うつ病・うつ状態
成人は1日1回夕食後、20~40mgを服用します。
なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

●パニック障害
成人は1日1回夕食後、30mgを服用します。
なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減します。

●強迫性障害
成人は1日1回夕食後、40mg~50mgを服用します。
なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減します。

ゼット(パキシルジェネリック)の副作用

SSRI抗うつ剤については、飲み始めたときにふらつきやめまいなどが起こる特徴もありますので、注意深く状態を確認しておくとよいでしょう。

飲み始めのころにはめまいやふらつきが起こるものの、徐々に症状が治まってくるのですが、時間が経過しても状況が変わらない場合もあります。

この場合には医師に相談して服用する量の調節を行ってもらうことで、気になる症状に悩まされることもなくなってくるでしょう。

ゼット(パキシルジェネリック)の成分

パロキセチン塩酸塩(Paroxetine)20mg/40mg

ゼット(パキシルジェネリック)の注意事項

ゼットは18歳以下の子供や妊娠中の方、高齢者については薬を服用することはできませんので、この条件にあてはまっている方は服用を避けなければなりません。
この条件にあてはまっている方は、服用することで副作用や体への影響が出てきますので、十分に注意するようにしましょう。

また、現在別の病気で治療や薬の服用を受けている方についても、服用する前に医師にご相談ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リスドンプラス3mg
リスドンプラス3mg
リスパダールとアーテンが配合されており、気持ちの高ぶりを静めたり、不安感や緊張感を和らげてくれます。
カフェインパワー200mg
カフェインパワー200mg
覚醒作用・脂肪燃焼作用があるカフェインを200mg含有!アッパー系の中でも非常に強力なサプリです。
レデプラ(レメロンジェネリック)
レデプラ(レメロンジェネリック)
うつ病治療薬レメロンのジェネリック医薬品です。気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
日本で一番処方されているSSRIのパキシルのジェネリック
ジプレキサ 5mg/10mg
ジプレキサ 5mg/10mg
【成分】 olanzapine (オランザピン)
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->