レデプラ15mg画像

レデプラ(レメロンジェネリック)

うつ病・うつ状態の治療に用いられるレメロンのジェネリック医薬品です。気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。


製 品 名:
Redepra15mg
製 造 元:
Mustafa Nevzat
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
ミルタザピン
日 本 名:
レデプラ錠
内 容 量:
28錠/箱
関連の薬:
レメロン錠
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

レデプラの効能・特徴

レデプラ15mg錠は、うつ病・うつ状態の治療に用いられるレメロンのジェネリック医薬品です。

レメロンは、脳内のノルアドレナリン・セロトニンの神経伝達を増強することにより、気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

レメロンジェネリックのレデプラも同様の効果があります。

レデプラの成分

Mirtazapine(ミルタザピン)15mg

レデプラの用法用量

通常、成人は1回1錠(15mg)を初期用量とし、その後1回1~2錠を1日1回就寝前に服用します。
年齢・症状により1回3錠を超えない範囲で適宜増減されますが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として1錠ずつ行われます。
レデプラは必ず指示された服用方法に従って下さい。

レデプラを飲み忘れた場合は、1日以内に気がついた場合であれば、気がついた時点で1回分を飲んで下さい。
ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして、次の服用時間に1回分を飲んで下さい。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
また、医師の指示なしに、自分の判断でレデプラの服用を止めないで下さい。

レデプラの副作用

レデプラの主な副作用としては傾眠、口渇、倦怠感、便秘、体重増加、浮動性めまい、頭痛などがあります。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談して下さい。

まれに現れる症状に不安、焦燥、発熱、のどの痛み、筋肉痛、全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる、けいれん、意識障害、頭痛、発熱、全身倦怠感、中央に浮腫を伴った紅斑(赤い発疹)などがあります。
これらの症状は重篤な副作用の初期症状である可能性があるため、使用をやめてすぐに医師の診療を受けて下さい。

レデプラの注意事項

レデプラの服用で眠気やめまいがあらわれることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けて下さい。
アルコールは薬の鎮静作用を強めることがありますので、できるだけ避けてください。
また、服用中に自殺念慮・攻撃性などの行動の変化や基礎疾患の悪化があらわれることがあるので注意が必要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アスプリト(エビリファイジェネリック)
アスプリト(エビリファイジェネリック)
心の病気に用いる第三世代の抗精神病薬です。
フルオキセチン10mg
フルオキセチン10mg
抗うつ剤の一種です。内因性のうつ病や強迫性障害に効果があり、落ち込んだ気分を改善して憂うつ状態を解消します。
パキシル (セロザット)
パキシル (セロザット)
【成分】 paroxetine hydrochloride hydrate (塩酸パロキセチン水和物)
メリスロン
メリスロン
【成分】 Berahistine mesylate (メシル酸ベタヒスチン)
ソミナー(Sominar)25mg
ソミナー(Sominar)25mg
日本では未発売の睡眠改善薬です。抗ヒスタミン作用で、自然な眠りへと導いてくれます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->