パロキセチン(パキシルのジェネリック)

パロキセチンは日本で一番処方されているSSRIのパキシルのジェネリックです。


製 品 名:
Paroxetine
製 造 元:
Zydus Pharmaceuticals USA Inc
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
パロキセチン塩酸塩
日 本 名:
パロキセチン
内 容 量:
30錠/本
関連の薬:
セロザットゼット20mg/40mg
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

パロキセチン(パキシルのジェネリック)の特徴

パロキセチンはパキシルのジェネリックになり、抗うつ剤になります。
うつ病やうつ状態・パニック障害・強迫性障害・社会不安障害・外傷後ストレス障害などの病気に効果があります。
パキシルと同様、パロキセチンの特徴は、気分が落ち込んでいる症状や悲観的になったりする症状を、前向きな気持ちになるのを助ける薬になります。

気分にかかわる作用があるセロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。
この作用によって脳内のセロトニンの濃度が高まり、神経の伝達が良くなってうつ状態が改善されます。
また、セロトニントランスポーターにだけ働きかけるので、副作用が少ない抗うつ剤になります。

パロキセチン(パキシルのジェネリック)の用法用量

【うつ病の場合】
飲み始めは1日10mg~20mgから。1日1回で夕食後に服用してください。
1週間毎に10mgずづ増量されますが、1日40mgを超えない範囲で服用量を調整します。

【パニック障害の場合】
1日1回30mgを夕食後に服用します。症状によって適宜増減させます。

パロキセチン(パキシルのジェネリック)の副作用

従来のうつ剤に多かった口の渇きや便秘などの副作用が軽減されます。
多くはないですが、服用によって不安感や落ち着かない・体の震えなどがおきるセロトニン症候群や幻覚・錯乱・吐き気・食欲不振などの症状があらわれることがあります。

パロキセチン(パキシルのジェネリック)の注意事項

注意事項はてんかんや緑内障・出血性疾患・躁うつ病・躁病などの既往歴がある人には慎重投与をする必要があります。
高齢者の方は、血中濃度が上昇しやすいので注意が必要です。
パーキンソン病に用いられるセレギリンとの併用は禁止になっていて一定期間の間隔をあける必要があります。
安定薬のピモジドの作用を強くしてしまうので、併用禁止になっています。
服用量は個人の症状にあわせていき、一般的には少量から開始して良い効果がでるまで徐々に増やしていきます。
飲み始めの吐き気は、約2週間ほどで軽くなってきます。
パキシルのジェネリックのパロキセチンのような抗うつ剤は勝手にやめたりしないで医師の指示に従うことが大切になります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ジェネリックレスリン(トラザロン50mg)
ジェネリックレスリン(トラザロン50mg)
セロトニンの濃度を高める作用で、比較的軽いうつ病や睡眠の質向上に役立つ抗うつ剤です。
オキセチン(プロザックジェネリック)20mg
オキセチン(プロザックジェネリック)20mg
プロザックのジェネリック薬品です。新世代抗うつ剤として精神的不安定な状態を全般的に改善する効能が有ります。
カラゼピン200mg
カラゼピン200mg
てんかん発作を予防したり、気分の高ぶりを落ち着かせる作用がある向精神薬です。
ジプラシドン20mg
ジプラシドン20mg
統合失調症や双極性障害の治療薬!体重増加や糖代謝異常などの副作用がほとんどないのが特徴です。
エビリファイ
エビリファイ
精神的な興奮状態を安定させることで、心身のバランスを向上させます。統合失調症やうつ病の治療に。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->