ピモジド2mg画像

ピモジド2mg

ピモジドはオーラップという製品名でも販売されている抗精神薬です。心の不調や不具合を調整する薬で神経の高ぶりや不安感をしずめ気持ちを穏やかにする効果があり、統合失調症や子供の自閉症の治療にも使用されています。


製 品 名:
Mozep-2
製 造 元:
Intas Pharmaceuticals Ltd
薬効分類:
抗不安・不眠改善薬
一 般 名:
ピモジド
日 本 名:
ピモジド
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
香港(ePac便:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ピモジド2mg 1箱(100錠) [香港発送] ¥3,800カートに入れる

ピモジド2mgの効能・特徴

ピモジドは他にもオーラップという製品名でも販売されている抗精神薬です。

ピモジドは、心の不調や不具合を調整する薬です。
神経の高ぶりや不安感をしずめ気持ちを穏やかにする効果があり統合失調症や子供の自閉症の治療に使用 されています。
病名にかかわらず強い不安や緊張感、気分の停滞などいろいろな精神状態の改善に用います。
また、ピモジドは脳内の情報伝達の混乱を改善し、また自閉性障害を改善する作用もあります。
意思の疎通をよくしたり自発性を上げ、社会性を取り戻し情緒の安定を図ります。

ピモジド2mgの成分

ピモジド2mg

ピモジド2mgの用法用量

●成人の場合
1日1回朝の服用ですが、2~3回に分けて服用する場合もあります。
最初は1~3mgから始め9mgが限度です。
また、小児の場合6mgが限度となっております。

ピモジド2mgの副作用

副作用として、手の震え、体のこわばり、眠気、口の渇き、尿がでにくい、目のかすみ、涎などが認められておりますが、いずれも重篤化することはほとんんどありません。
しかしまれに抗精神薬を服用している場合悪性症候群という重篤な副作用を起こすことがあります。
これは高熱が出て、体のこわばりやうまく話せないというような症状が現れます。
このような、症状が出た際は直ぐに医師の診察を受けてください。
持病をお持ちの方や、他の医薬品を服用中の方は、医師に相談のうえ、本剤を服用ください。

ピモジド2mgの注意事項

用法用量を守って服用ください。
本剤は、他の薬との相互作用を起こしやすいため、服用前に必ず医師に相談の上、服用下さい。
心臓病、パーキンソン病、うつ病がある場合は本剤を服用しないようにして下さい。

⇒ その他のこころ・脳機能の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->