フルオキシン画像

フルオキシン

世界で多くの人が使用している抗うつ剤「プロザック」と同じ成分のジェネリック薬。


製 品 名:
Fluoxine 20mg
製 造 元:
T.O. Chemicals (1979) Ltd.
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
フルオキセチン
日 本 名:
フルオキシン
内 容 量:
500錠/1箱(30錠、100錠はシート発送)
先発の薬:
プロザック
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

フルオキシンの関連の薬があります。

フルオキシンの特徴

フルオキシンはプロザックのジェネリックで選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として知られる抗うつ剤群に属し、世界で多くの人が使用している抗うつ剤で現在2000万人以上の人々が使用しているといわれています。
SSRI型抗うつ剤で、副作用が軽微なため重症のうつ病患者だけではなく、落ち込みや気分が重いといった軽い患者にも使用されています。
また、依存症になりにくい。脳内でのプロザックの動きは急激に変化を起こさず、マイルドに時間をかけて効果がでるように作られています。

※弊社のプロザックのジェネリック「フルオキシン」は正規品であることを保障いたします。

フルオキシンの効能

摂食障害(過食症・拒食症)
強迫性障害
PTSD(心的外傷後ストレス症候群)

フルオキシンの用法用量

・朝食後に1カプセルを服用してください。覚醒作用がありますので、午前中に飲まないと不眠になりやすくなります。
・2~3週間経過しても症状に改善が見られない場合には、1日に2カプセル服用できますが、1日に4カプセル(80mg)以上は服用してはいけません。
・過食症の人には1日2~3カプセルを服用するのが目安とされ、効果が出るまでの3週間と言われています。
・降圧剤と同様に、一生飲み続ける必要があります。
・途中で止めると元に戻ります。

※服用に際しては、常にかかり付けの医者の指示に従ってください。

フルオキシンの副作用

[一般的な副作用]
2日目~4日目にかけて現れる場合がありますが、約1週間後には回復する事がほとんどです。
不安感、絶望感、虚無感、無気力感、自己否定といった精神症状

[重い副作用]
以下の症状が出た場合は、かかり付けの医師の診察を受けてください。
頭痛、神経痛、不眠、眠気、不安、ふるえ、めまい、疲労感、吐き気、下痢、口渇、食欲低下、消化不良、便秘、腹部痛、嘔吐、発汗、視覚異常、ウイルス感染、背部痛、月経痛発疹 

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アクセプタ
アクセプタ
アクセプタはADHD治療薬ストラテラのジェネリック薬です。
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
アナフラニールジェネリック(クロフラニル)
三環系タイプのうつ剤です。
うつ病や、遺尿症(おねしょ)ナルコレプシーの治療に用いられます。
ピラセタム 800mg
ピラセタム 800mg
【成分】 Piracetam (ピラセタム)
トピナジェネリック100mg
トピナジェネリック100mg
てんかん発作を予防する薬です。有効成分としてトピラマートを有しており、海外では片頭痛予防にも適応が認められています。
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
パロキセチン(パキシルのジェネリック)
日本で一番処方されているSSRIのパキシルのジェネリック
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->