D-Veniz(ジェネリックプリスティク) 50mg/100mg画像

D-Veniz(ジェネリックプリスティク) 50mg/100mg

気分の落ち込みを緩和するためにセロトニンの分泌を増やし、合わせてノルアドレナリンを多く分泌させることで意欲をアップする作用を持つ抗うつ薬です。


製 品 名:
D-Veniz 50mg/100mg
製 造 元:
Sun Pharma
薬効分類:
抗うつ剤
一 般 名:
デスベンラファキシン
日 本 名:
ディーベニス
内 容 量:
[50mg] 100錠/箱、[100mg] 50錠/箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

D-Veniz(ジェネリックプリスティク) 50mg/100mgの関連の薬があります。

D-Veniz(ジェネリックプリスティク) の特徴

D-Veniz(ジェネリックプリスティク)はうつ病の治療薬で、うつ病の中でも他人から見てすぐにうつ病とわかるレベルの大うつ病の治療や、不安症、ADHD、強迫障害、ならびに更年期障害の治療にも用いられます。

ジェネリックプリスティクの有効成分であるデスベンラファキシンは、アメリカ食品医薬品局(FDA)からも承認を得ており、 SNRIという分類に属します。

うつ病とは、強いショックやストレスがかかることで、脳内の神経伝達物質の動きが鈍くなることにあります。
この重要な役割を果たしている物質がセロトニンとノルアドレナリンです。
セロトニンとノルアドレナリンの不足・欠乏によって、うつ状態を引き起こすとされています。
抗うつ薬としてのプリスティクの主な作用としては、脳内において一度放出されたセロトニンとノルアドレナリンが再び吸収されることを防ぎます。
そのため、うつ症状の活力低下や不安な気持ちを改善することが可能です。

D-Veniz(ジェネリックプリスティク)の用法用量

成人に対する投与ですと1日50mgが標準的な目安とされています。
この用量は400mgまで増量が可能ですが、大うつ病に使われる効き目の強い抗うつ薬なので低用量での投与からスタートし、適量を判断の上で投与量を決定するのが一般的です。

D-Veniz(ジェネリックプリスティク) の副作用

食欲不振、口渇、不眠、頭痛などの症状が出る場合があります。
れに、悪性症候群(筋肉の硬直や意識障害など)が発生することがあるという報告があります。
このような症状があった場合には必ず医師の診察を受けるようにしてください。

D-Veniz(ジェネリックプリスティク)の一般的注意

・服用中は、車の運転や危険を伴う機械の操作はしないでください。
・年齢・症状により適切量が異なりますので、服用にあたっては医師の診察をお受けください。
・本剤の服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るのでお控えください。
・服用後、すぐに症状が良くなったと感じることはなく、最初の数週間は症状が改善していないと感じることが多いです。
・適切な服用量を守ってください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ドーミラックス(アタラックスのジェネリック)
ドーミラックス(アタラックスのジェネリック)
【成分】 Hydroxyzine Hydrochloride (塩酸ヒドロキシジン)
ジプレキサ 5mg/10mg
ジプレキサ 5mg/10mg
【成分】 olanzapine (オランザピン)
コリン500mg
コリン500mg
脳内神経伝達物質の元コリンを配合!集中力&記憶力UPに!脂肪燃焼作用で肥満にも効果的!
KH3(スマドラ)
KH3(スマドラ)
記憶力を向上させたり、集中力を高める効果があります。
トピナジェネリック100mg
トピナジェネリック100mg
てんかん発作を予防する薬です。有効成分としてトピラマートを有しており、海外では片頭痛予防にも適応が認められています。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->