グルコファージ画像

グルコファージ

血糖値を下げる作用があるため、糖尿病治療薬として使用されます。 適応となるのは2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)です。


製 品 名:
Glucophage 500mg
製 造 元:
OLIC Limited
薬効分類:
糖尿病の薬
一 般 名:
メトホルミン塩酸塩
日 本 名:
メルビン錠、グリコラン錠
内 容 量:
100錠(10シート)/200錠(20シート)
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
グルコファージ 500mg 10シート(100錠) ¥5,000カートに入れる
グルコファージ 500mg 20シート(200錠) ¥8,800カートに入れる

グルコファージ の効能

インスリン非依存型糖尿病

グルコファージ の特徴

グルコファージはインスリンの感受性を高め、血糖値を安定させる2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)の治療薬です。
また、欧米では2型糖尿病の第一選択薬として広く用いられています。
糖尿病において最も危険なのは合併症であり、血糖値が上昇したままだと神経障害、網膜症、腎臓病など多岐にわたり不具合が発生します。
グルコファージには肝臓での糖の生成を抑制する作用、筋肉や脂肪組織において糖分の利用を即させる作用、小腸での糖分の吸収を抑制する作用の3つの作用があります。
これらの作用により、インスリンの分泌を解さず血糖値を下降させます。

グルコファージ の用法用量

通常、メトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口服用する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高服用量は750mgとする。

【飲み忘れた場合】
万一飲み忘れたら、その1回分は抜かしてください。絶対に、2回分を1度に飲んではいけません。

グルコファージ の副作用

下痢、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、乳酸上昇、肝機能異常など。

グルコファージ の注意事項

  • 妊娠中および授乳中の方は本剤を使用できません。
  • 飲み合わせが悪い薬品が多くあるので服用中の薬剤がある方は必ず医師に相談してください。
  • 乳酸アシドーシスの既往歴がある方は本剤を使用できません。
  • 腎臓病、肝臓病、心臓病の方は本剤を使用できません。

⇒ その他の生活習慣病の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
グルコファージ 500mg 10シート(100錠) ¥5,000カートに入れる
グルコファージ 500mg 20シート(200錠) ¥8,800カートに入れる
カテゴリーランキング
1位
9,800
ベイスン0.3mg/0.2mg
「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
\9,800
2位
5,000
グルコファージ 500mg
糖の代謝を促進することで血糖値を下げる薬です。肥満型の2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
\5,000
3位
5,500
コルヒチン 0.6mg
痛風の発作を抑える薬です。そのほか、べーチェト病にも応用されます。
\5,500
4位
3,700
コルチン
コルヒチンのジェネリック薬です。高尿酸血症や痛風を改善。
\3,700
5位
9,980
ジャヌビア
危険な低血糖も無く、副作用も軽いと言われている糖尿病治療薬です。
\9,980
この商品を買った人はこんな商品も買っています
オングリザ
オングリザ
II型糖尿病に効果を発揮する、新しい作用機序の糖尿病治療薬です。
\5,400
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
フェブタズ(フェブリクジェネリック)
通風治療薬フェブリク錠のジェネリック薬です。
\4,570
アクトス
アクトス
インスリンに対する体の感受性を高める作用をします。おもに、2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に用います。
\12,000
ベイスン錠
ベイスン錠
「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
\4,700
ザイロリック
ザイロリック
尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。
\7,800