フェブタズ(フェブリクジェネリック)画像

フェブタズ(フェブリクジェネリック)

通風治療の新薬「フェブリク錠」のジェネリック薬品です。通風の原因となる尿酸値を減らすお薬です。高尿酸血症の治療にも用いられます。


製 品 名:
Febtaz 40 / 80
一 般 名:
フェブキソスタット
製 造 元:
Sun Pharma Sikkim
薬効部類:
通風治療薬
日 本 名:
フェブタズ / フェブリク
内 容 量:
40mg-100錠/箱、80mg-50錠/箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

フェブタズ(フェブリクジェネリック)の関連商品があります。

フェブタズ(フェブリクジェネリック) 特徴

フェブタズは痛風治療薬「フェブリク錠」のジェネリック薬です。
尿酸を減少させ痛風発作を防ぎ、高尿酸血症の治療に処方されます。

フェブタズ(フェブリクジェネリック) 効能

痛風、高尿酸血症。

フェブタズの新しいタイプの痛風治療薬で、従来品のアロプリノールやザイロリックとは作用秩序が異なりますが、同等以上の尿酸降下作用を示します。
また、腎機能に応じた用量の調節がいらないことも特徴です。

有効成分フェブキソスタットが体内での尿酸生成に関わる酵素「キサンチンオキシダーゼ」を阻害することによって効果を発揮します。

フェブタズ(フェブリクジェネリック) 用法用量

通常、1日1回10mgより開始し、最大服用量は1日1回60mgまでとする。

初期期間:10mg1日1回
    ↓
2週間以降:20mg1日1回
    ↓
6週間以降:40mg1日1回

※治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることあります。

【飲み忘れについて】
飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。
ただし、次に通常に服用する時間が近い場合は飲まずに、次の服用時間から1回分飲んでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

フェブタズ(フェブリクジェネリック) 副作用

服用初期の痛風発作、下痢、吐き気、腹痛、けん怠感など

フェブタズ(フェブリクジェネリック) 一般的注意

  • メルカプトプリン(ロイケリン)、アザチオプリン(イムラン)、ビダラビン(アラセナ)、ジダノシン(ヴァイデックス)との併用は避けてください。
  • 痛風発作や尿路結石を避けるため多めの水を取り尿量を増やすよう心掛けてください。
  • ビール、肉類は控え痛風発作時は禁酒するよう徹底してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
コルヒチン
コルヒチン
痛風の発作を抑える薬です。そのほか、べーチェト病にも応用されます。
ザイロリック
ザイロリック
尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。
シリマリン140mg
シリマリン140mg
肝臓の保護やサポート、再生に作用します。アルコールからも肝臓を守ってくれます!
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルチン(コルヒチンのジェネリック)
コルヒチンのジェネリック薬です。高尿酸血症や痛風を改善。
アマリール
アマリール
インスリン分泌促進作用は比較的おだやかで、低血糖症のリスクが少ないと期待される糖尿病治療用薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->