コルチン(コルヒチンのジェネリック)画像

コルチン(コルヒチンのジェネリック)

コルチン(通風の薬)は、尿細管からの尿酸の再吸収を抑制して、尿酸の尿中排泄を促進します。


製 品 名:
COLCINE
一 般 名:
コルヒチン
製 造 元:
SEVEN STARS PHARMACEUTICAL CO.,LTD
薬効部類:
痛風治療剤
日 本 名:
コルチン
内 容 量:
10錠 / シート(シート発送です)
先発の薬:
コルヒチン
関連の薬:
トルチシン
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

コルチン(コルヒチンのジェネリック)特徴

通風の発作を抑えます。
通風の薬で人気のコルヒチンジェネリック薬です。痛風発作の緩解及び予防に。

コルチン(コルヒチンのジェネリック)用法用量

通常、成人にはコルヒチンとして1日3~4mgを6~8回に分割経口投与する。
年齢、症状により適宜増減。

発病予防には通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5~1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口投与する。

[参考]
痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果的である。
成分に対し過敏症の既往歴、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。

コルチン(コルヒチンのジェネリック)注意事項

痛風発作の治療には1回0.5mgを投与し、疼痛発作が緩解するまで3~4時間ごとに投与し、1日量は3~4mgを限度とすること。

長期間にわたる予防的投与は有用性が少なくすすめらません。

発作3~4時間前に先行する予兆を感知したら、できるだけ早くコルチン0.6mgを服用することが望ましいです。

コルチン(コルヒチンのジェネリック)副作用

1日3錠ぐらいであれば副作用の心配はないといわれております。
しかし、多量に服用すると吐き気や腹痛、下痢などの胃腸障害が起こります。
もし症状が続いた場合はかかりつけの医師・薬剤師にご相談下さい。

また、ベーチェト病で長期間飲み続けると、筋肉に異常が出てくることがありますので、定期的に検査を受けてください。

そのほかの副作用では血液障害や男性精子の異常などがあります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
コルヒチン
コルヒチン
痛風の発作を抑える薬です。そのほか、べーチェト病にも応用されます。
ジャヌビア
ジャヌビア
危険な低血糖も無く、副作用も軽いと言われている糖尿病治療薬です。
アロリック(ザイロリックのジェネリック)
アロリック(ザイロリックのジェネリック)
尿酸を減らす薬で、痛風や高尿酸血症の治療に広く用いられています。 ※ザイロリックのジェネリック薬です。
メバロチンジェネリック
メバロチンジェネリック
メバロチンのジェネリック医薬品で、肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させ、高脂血症を治療するお薬です。
ベイスン錠
ベイスン錠
「αグルコシダーゼ阻害薬」、または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる、従来の血糖降下薬とは異なる新しい部類の糖尿病治療薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->