アマリール画像

アマリール


製 品 名:
Amaryl 2mg / 3mg
製 造 元:
サノフィ・アベンティス㈱
薬効分類:
糖尿病の薬
一 般 名:
グリメピリド
日 本 名:
アマリール錠
内 容 量:
2mg:120錠 / 3mg:120錠
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
アマリール2mg (120錠) ¥17,000カートに入れる
アマリール3mg (120錠) 入荷待ち

アマリール の効能

血糖値を下げるスルホニルウレア系経口血糖降下剤です。糖尿病の治療薬です。
新しいタイプのスルフォニル尿素系の血糖降下薬で(SU薬)、インスリン分泌促進作用のほかインスリン感受性増強作用をあわせ持つのが特徴です。
インスリン分泌促進作用は比較的おだやかで、低血糖症や二次無効のリスクが少ないのではと期待されています。

アマリール の服用方法

グリメピリドとして1mgより開始し、1日1~2回朝または朝夕、食前または食後に服用する。
維持量は通常1日1~4mgで、必要に応じて適宜増減する。なお、1日最高服用量は6mgまでとする。製品は2mgですが、ピルカッターで半分(1mg)に出来ます。

アマリール の成分

Glimepiride(グリメピリド)

アマリール の副作用

もっとも注意が必要なのは「低血糖」です。
低血糖とは、必要以上に血糖値が下がってしまっう状態です。おおよそ血糖値が50mg/dl以下になると低血糖特有の症状があらわれてきます。ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、力の抜けた感じ、目のちらつき、イライラ、ぼんやり、さらに重くなると、気が遠くなり、けいれんを起こしたり意識を失うこともあります。すぐに糖分を補給するようにしましょう。

また、高齢の人では、慢性的な低血糖状態になり、元気がなくなったり、ぼんやりするといった症状が続くことがあります。ご家族や介護にあたる人も気をつけてください。

アマリール の一般的注意

・持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
・妊娠中や、その可能性のある人は申し出てください。妊娠中は服用禁止です。
・もし、体調が悪ければ、そのことも伝えてください(発熱、食欲がない、下痢をしている・・など)
・飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。服用中の薬は、すべて報告しておきましょう。
・注意事項や副作用、また、体調が悪いときの飲み方「シックデイルール」などについて十分説明を受けてください。とくに低血糖時の対処法については、ご家族も含めよく承知しておくことが大切です。
・治療中に「低血糖症状」を起こした場合は、必ず医師に報告してください。

⇒ その他の生活習慣病の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
アマリール2mg (120錠) ¥17,000カートに入れる
アマリール3mg (120錠) 入荷待ち

会員のお客様

マイページ(ログイン)
カート金額
---- 円
保有ポイント
ログインで表示
現在の会員ランク
ログインで表示
無料会員登録でランクが上がるほどお得にお買いものができます
買い物カゴを見る
まだ会員でない方
会員登録で500ポイントプレゼント
新規会員登録