ノルパック画像

アフターピルNorpak(ノルパック)

Norpak(ノルパック)は性交後に服用するアフターピル『ノルレボ』のジェネリック医薬品です。
事情により避妊できなかった際の望まない妊娠を防いでくれます。


製 品 名:
Norpak
製 造 元:
ABCA Pharma Lab(Thailand)Co.,Ltd.
主 成 分:
レボノルゲストレル
内 容 量:
2錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アフターピルNorpak(ノルパック)の先発の薬があります。

アフターピルNorpak(ノルパック)の関連の薬があります。

アフターピルNorpakの特徴

Norpak(ノルパック)は性交後に服用するアフターピル『ノルレボ』のジェネリック医薬品です。タイの大手製薬会社から発売されており、非常に低価格です。
ノルレボは日本でも処方されているアフターピルです。

アフターピルとは、事後避妊薬や緊急避妊薬と呼ばれるもので、行為中にコンドームが破れてしまったり、事情により避妊できなかった際の望まない妊娠を防いでくれます。

通常のピルとは違い、性交渉後『72時間以内』に服用することにより、ホルモン剤であるレボノルゲストレルが卵巣・卵管・子宮内膜に作用し、排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を阻止してくれます。

たとえ受精が起きてしまっても、子宮内膜への着床も阻害してくれますので、妊娠を回避してくれます。
Norpak(ノルパック)はかなり確実な避妊法で、正しく服用した場合の失敗率は 2.5%程度とされています。

Norpak(ノルパック)の服用は、早ければ早いほど妊娠を回避できる可能性が上がります。 性交渉後72時間以上時間が経っている場合や、すでに妊娠している場合は服用をお控えください。
Norpak(ノルパック)は妊娠を回避するピルで、中絶用のピルではありません。

アフターピルNorpakの用法

性交後72時間以内に1回目(1錠)を服用し、その12時間後に2回目(1錠)を服用します。
計2錠です。(1箱で1回分)

2錠目の服用時間の間隔を12時間以上あけないでください。性交後はなるべく早く服用するほうが効果が上がります。
また、Norpak(ノルパック)は中絶用のピルではありませんのでご注意ください。

アフターピルNorpakの成分

レボノルゲストレル(Levonorgestrel) 0.75mg

アフターピルNorpakの副作用

Norpak(ノルパック)の副作用として不正出血、乳房の張りや痛み、吐き気などの胃腸障害が報告されています。
その他、異変や異常が現れた場合は、医師にご相談ください。

アフターピルNorpakの注意事項

Norpak(ノルパック)は、事後避妊薬です。中絶用のピルではありません。また、低用量ピルなどとは違い常用する薬ではありません。
性交後72時間以内の服用ですと高い確率で妊娠を防いでくれますが、避妊率は100%ではありません。
ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなます。また、血栓症などを引き起こす可能性がありますので、Norpak(ノルパック)を使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。
ペットや子供の手の届かない場所に保管してください。保管の際には直射日光や湿気の強い場所はお避けください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ノリディ(ミニピル)
ノリディ(ミニピル)
プロゲスチンのみのミニピルです。特に喫煙で他のピルが服用できない方に支持されています。
プラノバールジェネリック
プラノバールジェネリック
女性ホルモンの不足やバランスが崩れて起こる様々な症状を改善してくれるお薬です!
トリキュラー28
トリキュラー28
自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えている段階型三相性の低用量ピルです。
ヤスミン(低用量ピル)
ヤスミン(低用量ピル)
体重増加の副作用が少ないという特徴で注目されている最新の第四世代ピルです。
低用量ピル ローラ 35(21錠)
低用量ピル ローラ 35(21錠)
ダイアンと同成分。避妊以外に女性の重症なニキビや多毛症の治療にも有効なピルです。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->