アイピル画像

アイピル(i-pill)

24時間以内に服用した場合には、95%の避妊率という臨床データも報告されている確率の高い緊急避妊薬。


製 品 名:
I-Pill 1.5mg
製 造 元:
Piramal Healthcare Limited
一 般 名:
レボノルゲストレル
日 本 名:
アイピル 1.5mg
内 容 量:
1錠/1箱
関連の薬:
ポスティノール
マドンナ
エラワン
トリキュラー
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アイピルの特徴

緊急避妊薬(アフターピル)のアイピル(I-Pill)は、予定外の妊娠を防ぐ目的で使用されます。
例えばコンドームが破損してしまったりコンドームを付けずに行う性交や、無理やり強要された性交の後72時間以内に服用をすることで、避妊を可能にしています。
24時間以内に緊急避妊薬(アフターピル)のアイピル(I-Pill)を服用した場合には、95%の避妊率という臨床データも報告されている確率の高い薬です。(75時間以内の服用では75%の避妊率)

緊急避妊薬(アフターピル)アイピル(I-Pill)の有効成分、レボノルゲストレルは、黄体ホルモンの一種から構成されています。黄体ホルモンには、受精卵の着床や受精の阻害をする働きがあります。
アイピル(I-Pill)を一定量を服用することで、ホルモンの値を変化させ、受精卵が着床できない状態を作り出すことができます。
出血することで受精卵を外に流出させて妊娠を防いでくれます。

アイピルの用法用量

緊急避妊薬(アフターピル)のアイピル(I-Pill)の使用方法は、性交後の72時間以内に1錠を経口投与します。
アイピルは緊急の目的の薬ですので、日頃から服用している避妊薬より副作用が強く、人によってはつわりのような吐き気の副作用が出る場合もあります。

アイピルの副作用

緊急避妊薬(アフターピル)のアイピル(I-Pill)は、服用時に吐き気などの副作用がみられることもあるので、吐き気止めを服用するか、食事を摂るようにすると良いでしょう。
最初の服用から1時間後に、再び緊急避妊薬(アフターピル)のアイピル(I-Pill)をもう1錠服用します。
服用後3週間以内に生理もしくは消退出血があれば妊娠は回避されたと考えられます。

アイピルの使用上の注意

・アイピルが合わない場合は直ちに利用を中止して、かかりつけの医師にご相談して下さい。
・アイピルの1ヶ月の最大使用量は30錠(1日の最大使用量は1錠)です。それ以上は服用しないで下さい。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ポスティノール(ノルレボと同成分)
ポスティノール(ノルレボと同成分)
日本ではノルレボという商品名で承認されている緊急用の避妊薬
低用量ピル ローラ 35(21錠)
低用量ピル ローラ 35(21錠)
ダイアンと同成分。避妊以外に女性の重症なニキビや多毛症の治療にも有効なピルです。
マイクロギノン/マイクロジノン
マイクロギノン/マイクロジノン
世界各国で長く使用されてきた実績のある安価な第二世代低用量ピルです。
OC-35(低用量ピル)
OC-35(低用量ピル)
ダイアンと同成分で避妊以外に女性の重症なニキビや多毛症の症状の治療に人気の低用量ピル
ヴァギシン膣錠
ヴァギシン膣錠
抗生物質剤クロラムフェニコールに抗真菌剤ナイスタチンを配合した膣錠で、カンジダ膣炎の他にトリコモナスやさまざまな細菌の膣炎に作用する膣錠です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->