リデュース(食欲抑制剤)画像

リデュース(食欲抑制剤)

Reduceリデュースは、食欲抑制剤リダクティルのジェネリック医薬品です。
効果のメカニズム
セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することにより食欲を減退させます。また他の肥満治療薬より PPH(原発性肺高血圧)のリスクが少ない事でも注目を集めています。
出荷時点、パッケージの改訂により、上の写真とは外観・カプセルの色が異なることがあります。
1~6シート注文の場合、シートでの発送となります。


製 品 名:
Reduce15mg
製 造 元:
ORDAIN
薬効分類:
食欲抑制剤
一 般 名:
塩酸シブトラミン15mg
内 容 量:
10カプセル/シート
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

リデュースとは?特徴について

食欲抑制によってダイエット効果をもたらす医薬品です。
脂肪燃焼の促進などダイエット成功の秘訣が紹介されていますが、やはり食事制限がその基本となります。
ただし、食欲を抑えて食事の量を減らすのは大変です。途中で挫折してリバウンドしてしまうケースも少なくありません。
リデュースの食欲抑制効果なら、そんな食欲との戦いと苦痛を味わうことなく効果的に食事制限ができるのです。

そんなリデュースの食欲抑制効果のポイントは、主成分となる塩化シブトラミンです。
この成分は脳に働きかけることで食欲抑制の効果をもたらします。
具体的にはセロトニンやノルアドレナリンといった快楽をもたらす成分の取り込みを阻害することができます。
なお、ノルアドレナリンの働きを調節する効果もあるため、脂肪の燃焼を促す効果も期待できます。
つまり、摂取エネルギーを減らしつつ消費エネルギーを高める、一石二鳥の効果が期待できるのです。

リデュースの効果・効能

食欲抑制、脂肪燃焼

リデュース飲み方(用法・用量)

1日1回、1錠リデュース10mg/15mgを午前中に服用します。
食前に服用するのが望ましいとされています。

リデュースとアルコールを一緒に飲むことは禁止とされてはいませんが、アルコールの鎮静作用を強めてします可能性があります。
また、アルコールをそもそも摂取することで食欲を促進してしまうので、ダイエットにも不向きです。
副作用を強めてしまう可能性はないとは保障されていないので、できるだけお酒と併用は控えてください。

リデュースの成分について

塩酸シブトラミン15mg(Sibutramine)

リデュースの副作用

主な副作用としては口の渇きや頭痛、便秘、腹痛、高血圧、心拍数の上昇、不眠、眠気や発汗、消化不良、月経痛などがあります。
ただ、どれも軽症でそれほど気にする必要はないでしょう。
ただし、心臓発作など心臓や血管に関わる重い副作用が見られることもあります。
※妊娠中の方、授乳中の方はリデュース10mg/15mgを服用しないで下さい。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リダクティル(食欲抑制剤)10mg/15mg
リダクティル(食欲抑制剤)10mg/15mg
食欲を抑制し満腹感を感じる効能により食べ過ぎを制御。 効率的な体重コントロールが望めます
ゼニカル
ゼニカル
効果絶大!食べた油分をブロックして吸収させずそのまま排出させるダイエット用医薬品
トラセミド(Tor)10mg
トラセミド(Tor)10mg
心不全や腎臓・肝臓が原因によって起こるむくみを改善する医薬品です。
フルファスト(日本版 スリーエフと同成分)
フルファスト(日本版 スリーエフと同成分)
食欲抑制効果が臨床的に証明された3F(スリーエフ)と同成分の舌下スプレータイプ
ビーファット(ゼニカルのジェネリック)
ビーファット(ゼニカルのジェネリック)
食べても太らない(脂肪を吸収しない)薬として有名なゼニカルのジェネリック薬
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->