食欲抑制剤・ダイエット薬

海外で販売している食欲抑制剤・ダイエット薬の一覧。安心後払いOKで食欲抑制剤・ダイエット薬の個人輸入・海外通販をサポートします。

カテゴリーランキング
1位
8,200
フレティック 40mg/500mg
「むくみ」をとり、血圧を下げるお薬です。浮腫や高血圧症のほか、心不全の治療にも用います。 ※ラシックスのジェネリック薬です。
\8,200
評価4(74)
2位
16,600
オルリファスト 60mg/120mg
世界で最も安全と言われているダイエットピル『ゼニカル』のジェネリック薬!
\16,600
評価4(81)
3位
24,700
ゼニカル
効果絶大!食べた油分をブロックして吸収させずそのまま排出させるダイエット用医薬品
\24,700
評価4(53)
4位
5,610
ラシックス40mg
作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。
\5,610
評価4(1)
5位
10,710
オベリット60mg
「ゼニカル」のジェネリック薬で脂肪分の吸収を阻害することで作用するリパーゼ阻害剤です。
\10,710

食欲抑制剤

リデュース売れ筋NO1
BBXダイエットサプリ
BBXダイエットサプリ
摂取カロリーを約50パーセントカット!ストレスを低下させ、空腹感をコントロールする作用も。
\8,300\4,700
評価0(24)
MAX56%OFF!SALE対象
コントレイブ
コントレイブ
米国で認められた最新の肥満治療薬!体重減少や摂食行動の改善に作用します!
\46,800
フルファスト
フルファスト
食欲抑制効果が臨床的に証明された3F(スリーエフ)と同成分の舌下スプレータイプ
取り扱い終了
オルリファスト 60mg/120mg
オルリファスト 60mg/120mg
世界で最も安全と言われているダイエットピル『ゼニカル』のジェネリック薬!
\3,800\3,600
評価0(81)
MAX56%OFF!SALE対象
オベスタット15mg
オベスタット15mg
メリディア・リダクティルのジェネリック版。また配合成分シブトラミン15mgです。
取り扱い終了
オベスタット10mg
オベスタット10mg
メリディア・リダクティルのジェネリック版で、成分等に違いはなく、より安価でお得です。
取り扱い終了

ダイエット薬

オルリファスト
ゼニカル
ゼニカル
効果絶大!食べた油分をブロックして吸収させずそのまま排出させるダイエット用医薬品
\4,600
評価0(53)
ビーファット
ビーファット
食べても太らない(脂肪を吸収しない)薬として有名なゼニカルのジェネリック薬
\6,030
オベリット60mg
オベリット60mg
「ゼニカル」のジェネリック薬で脂肪分の吸収を阻害することで作用するリパーゼ阻害剤です。
\4,160

むくみ解消・改善薬

ラシックス40mg
ラシックス40mg
作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。
\1,970
評価4(1)
フレティック 40mg/500mg(ラシックスジェネリック)
フレティック 40mg/500mg(ラシックスジェネリック)
「むくみ」をとり、血圧を下げるお薬です。浮腫や高血圧症のほか、心不全の治療にも用います。 ※ラシックスのジェネリック薬です。
\1,500
評価0(74)
MAX56%OFF!SALE対象
ホークミド40mg(ラシックスのジェネリック)
ホークミド40mg(ラシックスのジェネリック)
「むくみ」をとり、血圧を下げる薬で、ラシックスのジェネリック薬です。浮腫や高血圧症のほか心不全の治療にも用います。
\7,800
評価0(55)
ラシックス500mg
ラシックス500mg
作用の強い利尿剤で、おもに浮腫(むくみ)の治療に用います。
\16,400
評価0(6)
ヒドロクロロチアジド25mg
ヒドロクロロチアジド25mg
穏かな効き目のチアジド系利尿剤です。むくみ改善に!
\2,200
トラセミド(Tor)10mg
トラセミド(Tor)10mg
心不全や腎臓・肝臓が原因によって起こるむくみを改善する医薬品です。
\3,600\3,200
今だけ!新商品5%OFF
MAX56%OFF!SALE対象
フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)
フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)
作用の強い利尿剤です。カリウムの排泄が少ないため腎臓や糖代謝への影響が少ないです。※ラシックスのジェネリック薬です。
取り扱い終了
評価2(2)

カテゴリーコラム

  • 過食症(神経性大食症)について

    • 過食症は精神的原因によっておこる摂食障害の一種で、食欲も無いのに大量の食物を摂取してしまう病気です。また、大量の食事をしたことの代償として故意に嘔吐や運動、下剤・利尿剤などの薬物を乱用をしてしまいます。
      症状には一概に決定できる水準はなく人によって異なりますが、大きく排出型と非排出方とに分けられます。
      排出型過食症は上記のとおり食事を大量に摂取したことの代償として故意に嘔吐したり、下剤・利尿剤などを使用します。
      一方、非排出型は食事後過度な運動や絶食などを行います。
      過食症の患者にはうつ症状などの精神疾患を合併しているケースが多く、原因は心的ストレスに対する耐性不足や社会適応能力の不足にあるとされている。
      治療方法には薬事療法と精神療法に分けられる。薬事療法については抗うつ薬の投与になるが日本では未認可のものが多いのが現状です。また、治療には長期間かかってしまうことが多く、根本的な心の問題を解決するのは容易ではありません。
  • 注目の成分オーリスタットの効果と魅力

    • ダイエット医薬品として人気のオーリスタットをご存知ですか。
      所謂肥満治療薬にあたります。その特徴は、摂取してもほとんどが体外へ排出されるということです。身体において危険な副作用がないことから、ダイエットに安全を求める多くの方に愛用されています。
      特に、脂分の多い食事を好む人にとっては、とても効果を感じられるものといえますね。ダイエットに食事制限は必要不可欠ですが、あまり制限し過ぎるとストレスになってしまいます。

      ダイエット成功後のリバウンドにもつながりかねないものですから、美味しく食事を楽しみながらダイエットするためのサポート薬品として支持されています。

      服用の際にいくつか注意点もあります。
      妊娠中・授乳中の方や、アレルギー体質の方は、事前に医師へ相談することをおすすめします。
      安全にオーリスタットを服用し、是非その効き目を実感してみて下さい。今まで様々なダイエットで挫折してしまった方にもおススメですよ。
      当店でオーリスタット配合の「セニカル」「オルリファスト」「リポエイト」「ビーファット」「オベリット」のお取扱いがございます。
  • ダイエット薬を使用する際の注意点

    • 食事制限や運動などのダイエット方法は続かない方が多いのが現実です。
      様々なダイエット方法がありますが、その中でも薬物療法は我慢をせず手軽に効果を出すことができます。勿論、薬なので一般のダイエット食品やダイエットサプリメントと比べて使用方法や注意点をしっかり理解して上手に使用する必要はあります。

      ダイエット薬は大きく2つ作用に分かれます。
      ①食欲抑制剤⇒「リデュース」や「BBXダイエットサプリ」などの食欲を抑制してくれるお薬で、少量のご飯で満腹感を得られます。
      ②脂肪吸収阻害剤⇒「ゼニカル」や「オルリファスト」などの食事をしても脂肪分の吸収を防ぎ、そのまま便として排出するお薬。

      では、自分にはいったいどれがあっているか・・・
      ●小腹が減って我慢できず間食してします方や夜遅くに空腹感で目を覚ましてしまう方、満腹になるまでいつも食べ過ぎてしまう方には「食欲抑制剤」は効果的なお薬になります。
      ●炭水化物・脂質制限のダイエットが今まで続かなかった人、揚げ物や焼肉、ラーメンなどが大好きな方など実際は過食ではないが太りやすい食品が原因で痩せれない方は「脂肪吸収阻害剤」が効果的です。

      このようにダイエット薬といっても作用が大きく分かれます。間違った使用は健康を害する可能性もありますので、しっかりと自分のタイプを把握してダイエット薬を摂取することが大事です。
  • 食欲を抑制してくれる食べ物について

    • これ以上食べたら太ってしまう、と思っていても、なかなか食欲が抑えられない方も多いのではないでしょうか。
      過食は肥満の原因になり、肥満は様々な生活習慣病を招いてしまいます。
      そうならないためにも、食欲が起こる仕組みと抑制してくれる食べ物を知っておきましょう。そもそも、「お腹が減る」のは、エネルギーを補給して欲しいという脳からの指示です。

      生命維持のために必要な欲求だと言えるでしょう。
      それを正常に行うために、脳には「摂食中枢」と「満腹中枢」があり、食べる量を調節しています。
      摂食中枢を刺激するのがドーパミン、満腹中枢を刺激するのがセロトニンと呼ばれる神経伝達物質。つまり、ドーパミンを抑え、セロトニンが多くなれば食べる量を抑えることができるのです。さらには、食べ物のなかにも食欲を抑制してくれるものがあります。

      どうしても我慢できないという人は、以下の食品を食べるようしましょう。
      ・バナナ・・・お腹の持ちが良い上に、精神を落ち着かせてくれる働きもあります。
      ・おから・・・水分と一緒に摂取することによって、お腹の中で膨らみます。

      また、食物繊維も豊富でお腹の調子を整えてくれます。
      ・アーモンド・・・食物の消化を遅くするタンパク質を含んでいて、長い間お腹の中に溜まってくれる性質があるので、空腹感を感じにくくなります。
      ・チョコレート・・・血糖値をすぐに上げてくれるので、空腹感を満たしてくれます。しかし、カロリーが高いので食べ過ぎは厳禁です。

      いかがでしょうか。脳や体の仕組みを理解して、正しい食生活を心がけましょう。
  • 食欲抑制するアロマについて

    • 食べ過ぎはよくないとわかっていても、なかなか食欲を抑えるのは難しいです。
      しかし、アロマの中には食欲抑制効果のあるものがあります。
      食欲抑制効果のあるアロマで有名なのは、グレープフルーツの香りです。

      柑橘系の香りには、気持ちをリラックスさせる働きがあり、過剰な食欲を抑えてくれます。
      空腹時にアロマオイルをハンカチやティッシュに1~2滴垂らして、匂いをかぐだけで効果が得られるので、手軽です。

      他にも、パチュリにも食欲を抑える効果があります。ベースノートの重く濃厚な香りで、お香の材料としても使われています。
      イランイランやシダーウッド、ベチバーなどもベースノートの香りで、同様の効果がありますが、あまり強く匂いをかぎすぎると、気分が悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

      シナモンのような、スパイシー系の香りも気持ちをあたためる働きがあるので、食欲を抑えることができます。
      湯船に数滴垂らして入浴することで、リラックス効果と共に食欲を抑えることができます。
      このように、食欲を抑えることのできる香りはたくさんあります。
      自分の好みの香りで、好みの方法を使うことで、上手に食欲を抑制効果を得られます。ただ、オイルによっては皮膚に刺激となる場合がありますので、初めて使うものは、薄めて肌の内側に塗って何も起こらないかパッチテストをしてからにしましょう。
      ローズマリーは循環を促進する働きがある反面、血圧を上げるので高血圧の人は注意が必要です。
close
期間限定セール