リパンシール 100mg画像

リパンシール

血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。動脈硬化も予防してくれます。


製 品 名:
lipanthyl100mg
一 般 名:
フェノフィブラート
製 造 元:
Solvay Pharma
薬効部類:
高脂血症用剤
日 本 名:
リパンシール
内 容 量:
100錠/箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
リパンシール 1箱(100錠) 品切れ中
この商品を買った人はこんな商品も買っています
ダイクロトライド
ダイクロトライド
高血圧症の血圧を下げる薬です。
\4,500
トラセミド(Tor)10mg
トラセミド(Tor)10mg
心不全や腎臓・肝臓が原因によって起こるむくみを改善する医薬品です。
\3,600
オルメテック
オルメテック
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。
\6,800
メバロチンジェネリック
メバロチンジェネリック
メバロチンのジェネリック医薬品で、肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させ、高脂血症を治療するお薬です。
\2,400\2,280
テノーミン
テノーミン
β遮断薬(ベータブロッカー)という系統の血圧を下げる薬です。
\5,700

リパンシール 100mg 効能

中性脂肪やコレステロールが高いと動脈硬化が進行してしまい、その結果脳梗塞や心筋梗塞などの命に係わる重大な病気になってしまう危険性があります。

リパンシールはフェノフィブラートを成分とした薬で、血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させてくれる効果がある薬となります。
この薬の効果によって動脈硬化も予防してくれます。

高脂血症で悩んでいる方は命に係わることもあります。リパンシールなどの改善薬を試みるのも対策としては有効です。

リパンシール 100mg 用法用量

リパンシールの用法は、通常成人の方なら1日に1回を134mg~201mg程度を食後に服用します。
1日の201mgを超える服用はしないでください。

空腹時に飲むと吸収が悪くなることがありますので、必ず食後に飲むようにしてください。

リパンシール 100mg 副作用

リパンシールの主な副作用としては胃部不快感や吐き気、筋症状などが現れることがあり、肌にも発疹や腫れ、かゆみ、蕁麻疹、光線過敏症、脱毛などが起きることもあります。

リパンシール 100mg ご注意

服用をする際には医師薬剤師に相談をして、必ず指示に従って服用をするようにしてください。
肝臓や腎臓、胆のうに疾患を患っている方は、そのほかの方よりも副作用が出やすいので、場合によっては服用ができない場合があります。高齢の方も慎重に服用するようにしてください。
またこの薬は他のスタチン系のコレステロールの薬と一緒に服用してしまうと横紋筋融解症と呼ばれる筋肉の症状が出やすくなりますので注意してください。

⇒ その他の循環器系の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->