ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)画像

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)

フルセミドとスピロノラクトンの複合剤で、利尿作用と二次性アルドステロン症による浮腫を取り除く作用があります。


製 品 名:
Lasilactone
製 造 元:
Sanofi India Limited
薬効分類:
利尿剤
一 般 名:
フロセミド
スピロノラクトン
日 本 名:
ラシラクトン
内 容 量:
10錠/シート(100錠は箱での発送)
関連の薬:
Furetic 40mg
ラシックス40mg
ホークミド40mg
ハイレス25
ハイレス100
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の特徴

ラシラクトンは利尿作用を促進し、腎血管収縮や腎動脈閉塞性疾患や浮腫性疾患を原因とする二次性アルドステロン症によって起こるむくみを除去する働きがあります。

二次性アルドステロン症とは、副腎外刺激に対して反応することでアルドステロンの過剰分泌が起こることです。すると、高血圧による動悸や頭痛につながります。カリウムが欠乏し、夜間尿や多尿、知覚異常や筋力低下が起こります。それ以外にもテタニー症状なども見られるようになります。
さらにカリウムの欠乏と高血圧の症状が続くと腎障害を発症する危険性も高まります。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の用法用量

ラシラクトンには、利尿剤のフロセミドと、むくみの除去や血圧を降下させる作用を持つスピロノラクトンの二種類が配合されています。むくみの除去に効果を持つラシラクトン(利尿剤)は、成人の場合1日に1錠から4錠を服用するようにしてください。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の副作用

副作用として、カリウムやナトリウム不足による体内塩分の減少が起こる場合があります。
すると、痛風や痛風の発作を誘発させたり、発疹や光線過敏症の症状が出たりする可能性がありますので注意が必要です。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の使用上の注意

・ラシラクトンはむくみの除去に効果がありますが、反面、尿の排出量を増加させるため、夜間の服用は避けるようにしてください。
・服用後にめまいを起こす場合がありますので、自動車の運転や機械の操作や高所作業は注意してください。
・妊娠中の方は、医師に相談の上指示に従うようにしてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ディオバン
ディオバン
投与開始後2~4週間で降圧の効果が得られ、24時間安定した血圧コントロールが可能な新しいタイプの降圧剤です。
テノーミン
テノーミン
β遮断薬(ベータブロッカー)という系統の血圧を下げる薬です。
インデラル
インデラル
β受容体遮断作用により血圧を低下させ、また心拍数を下げて狭心症の発作を予防し、頻脈性不整脈を抑制します。
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤「リピトール」のジェネリック。
ヒデルギン FAS 4.5mg
ヒデルギン FAS 4.5mg
高血圧症の人の血圧を下げる循環改善薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->