ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)画像

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)

フルセミドとスピロノラクトンの複合剤で、利尿作用と二次性アルドステロン症による浮腫を取り除く作用があります。


製 品 名:
Lasilactone
製 造 元:
Sanofi India Limited
薬効分類:
利尿剤
一 般 名:
フロセミド
スピロノラクトン
日 本 名:
ラシラクトン
内 容 量:
10錠/シート(100錠は箱での発送)
発送国:
シンガポール(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ラシラクトン 3シート(30錠) 取り扱い終了
ラシラクトン 6シート(60錠) 取り扱い終了
ラシラクトン 1箱(100錠) ¥5,090カートに入れる

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の特徴

ラシラクトンは利尿作用を促進し、腎血管収縮や腎動脈閉塞性疾患や浮腫性疾患を原因とする二次性アルドステロン症によって起こるむくみを除去する働きがあります。

二次性アルドステロン症とは、副腎外刺激に対して反応することでアルドステロンの過剰分泌が起こることです。すると、高血圧による動悸や頭痛につながります。カリウムが欠乏し、夜間尿や多尿、知覚異常や筋力低下が起こります。それ以外にもテタニー症状なども見られるようになります。
さらにカリウムの欠乏と高血圧の症状が続くと腎障害を発症する危険性も高まります。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の用法用量

ラシラクトンには、利尿剤のフロセミドと、むくみの除去や血圧を降下させる作用を持つスピロノラクトンの二種類が配合されています。むくみの除去に効果を持つラシラクトン(利尿剤)は、成人の場合1日に1錠から4錠を服用するようにしてください。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の副作用

副作用として、カリウムやナトリウム不足による体内塩分の減少が起こる場合があります。
すると、痛風や痛風の発作を誘発させたり、発疹や光線過敏症の症状が出たりする可能性がありますので注意が必要です。

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の使用上の注意

・ラシラクトンはむくみの除去に効果がありますが、反面、尿の排出量を増加させるため、夜間の服用は避けるようにしてください。
・服用後にめまいを起こす場合がありますので、自動車の運転や機械の操作や高所作業は注意してください。
・妊娠中の方は、医師に相談の上指示に従うようにしてください。

⇒ その他の循環器系の薬はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
ラシラクトン 3シート(30錠) 取り扱い終了
ラシラクトン 6シート(60錠) 取り扱い終了
ラシラクトン 1箱(100錠) ¥5,090カートに入れる

ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

close
期間限定セール