フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)画像

フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)

フロセミドはラシックスのジェネリック薬です。
作用の強い利尿剤で、むくみや高血圧症の治療に使用されます。カリウムの排泄が少ないため腎臓や糖代謝への影響が少ないです。


製 品 名:
Furosemide 40mg
製 造 元:
Bristol Laboratories Ltd
薬効分類:
利尿剤
一 般 名:
フロセミド
日 本 名:
ラシックスジェネリック40mg
内 容 量:
28錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)の先発の薬があります。

フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)の関連の薬があります。

フロセミドの効能

フロセミドはラシックスのジェネリック薬です。世界140ヶ国以上に拠点を持つMylan社製です。
この種類の利尿剤は作用は強いのですが、カリウムの排泄が少ないため腎臓や糖代謝への影響が少ないと言う特徴があります。
過剰水分を体外に尿として排出する効果を高めてくれますので、一般的には浮腫み(むくみ)や高血圧症の治療に使用されます。

服用後、効果があらわれるのは早いですが、薬効は6~8時間と短時間であるため、利尿の調整が比較的行いやすいとされています。

フロセミドの用法用量

食後に服用します。睡眠の妨げになる可能性もありますので夜間は避け、なるべく朝か昼の服用がいいでしょう。
服用する場合はコップ1杯以上の水で飲みます。

通常の浮腫の場合、必要とされるフロセミドは1日1錠です。
高血圧の治療の場合には、80mg錠(または40mg錠を2つ)が必要とされています。
この場合2錠は間を少なくとも8時間おいて2回に分けて服用します。

何らかの理由で服用を忘れた場合でも、翌日に通常の量以上のフロセミドを服用してはいけません。

副作用を感じたら使用をやめて、すぐに医師に相談してください。
服用は医師の指示に従ってください。

フロセミドの主成分

Furosemide(フロセミド) 40mg

フロセミドの副作用

フロセミドの副作用として目眩や立ちくらみ等が報告されています。
飲み過ぎによる副作用は、脱水症状、血液量減少、低血圧、血液中の栄養バランスの崩壊等があり、非常に危険です。
必ず医師の指導の元でご利用下さい。

フロセミドの注意事項

飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。フロセミドの服用は医師の指示に従ってください。
特に現在、治療中や服用中のお薬がある場合は、必ず医師に相談の上服用しましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
メバロチンジェネリック
メバロチンジェネリック
メバロチンのジェネリック医薬品で、肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させ、高脂血症を治療するお薬です。
ディオバン
ディオバン
投与開始後2~4週間で降圧の効果が得られ、24時間安定した血圧コントロールが可能な新しいタイプの降圧剤です。
サムスカジェネリック15mg/30mg
サムスカジェネリック15mg/30mg
うっ血性心不全や肝硬変によって発生するむくみを改善する医薬品です。
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤「リピトール」のジェネリック。
ヒドロクロロチアジド25mg
ヒドロクロロチアジド25mg
穏かな効き目のチアジド系利尿剤です。むくみ改善に!
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->