クレストール画像

クレストール

血液中のコレステロールを減らし、狭心症や心筋梗塞を予防します。 高コレステロール血症の治療薬です。


製 品 名:
CRESTOR
製 造 元:
アストラゼネカ
薬効分類:
高脂血症の薬
一 般 名:
ロスバスタチンカルシウム
日 本 名:
クレストール錠
内 容 量:
28錠:10mg/20mg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

クレストール の効能

高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症

クレストール の作用

クレストールは、スタチン系のコレステロール低下薬です。
「HMG-CoA還元酵素阻薬」と呼ばれるこの系統の薬は、コレステロール低下作用が強く、高コレステロール血症の治療に、世界中でよく用いられています。
心筋梗塞の予防や予後改善に優れた効果を示し、臨床実験の結果ではおよそ30%のリスク軽減が証明されています。
同系のなかでも強力で、悪玉コレステロール(LDL)を下げる作用が強く、コレステロールのほか中性脂肪(トリグリセライド)も低下させます。 また、1日1回の服用で作用時間が長いのが特徴です。

クレストール の用法用量

通常、ロスバスタチンとして1日1回2.5mgより服用を開始するが、早期にLDL-コレステロール値を低下させる必要がある場合には5mgより服用を開始してもよい。なお、年齢・症状により適宜増減し、服用開始後あるいは増量後、4週以降にLDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には、漸次10mgまで増量できる。10mgを服用してもLDL-コレステロール値の低下が十分でない、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り、さらに増量できるが、1日最大20mgまでとする。

【飲み忘れた場合】
気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間がせまっている場合は、1回分とばし、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

クレストール の副作用

肝機能値の異常、胃の不快感、吐き気、腹痛、筋肉痛、頭痛、めまいなど

クレストール の一般的注意

  • 妊娠中および授乳中の方、重い肝臓病の方は本剤を使用できません。
  • 飲み合わせの悪い薬がありますので、薬を併用される方は必ず医師にご相談ください。
  • 肝機能検査、腎機能検査、血液検査を定期的に行ってください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アルダクトン100mg
アルダクトン100mg
体内の余分な水分を排出。むくみ改善や高血圧対策、男性ホルモン抑制にも処方されます。
トラセミド(Tor)10mg
トラセミド(Tor)10mg
心不全や腎臓・肝臓が原因によって起こるむくみを改善する医薬品です。
ヒドロクロロチアジド25mg
ヒドロクロロチアジド25mg
穏かな効き目のチアジド系利尿剤です。むくみ改善に!
ヒデルギン舌下錠1mg
ヒデルギン舌下錠1mg
高血圧症の人の血圧を下げる循環改善薬です。 また、手足の血行の悪い人の症状を改善します。
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤「リピトール」のジェネリック。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->